具体的に適正な損切りルールって存在するの?損切りの目安について


損切りって大事だけど、具体的に損切りルール決めるのってなかなか難しいな・・・
僕、損切りしたことないから・・・

むしろそれで今までやってこれてるのがすごいよ・・・


SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

損切りの考え方について

損切りが大事なのはわかるけど、なかなか損切りができない・・・
損切りルール決めたいけどなかなか考えられない・・・

損切りルールを決めておかないと、損失が膨らんでしまい1回に得られる利益も少なくなってしまいます。

以前の記事でも説明しましたが、利益のことよりも真っ先に考えるべきは

損切りをして損失の拡大を防ぎ、資産を守ることです。

損切りの目安やタイミングは?

FXや株、商品先物取引など様々なジャンルで多少違うところがありますが、
ここでは、基本的にどのジャンルでも共通して言われていることをここではご紹介したいと思います。

損切りの目安 その1:チャートの節目

損切りの目安で一番よく用いられるのは、チャートの節目です。

トレードをするとき、チャートを見てどこでエントリーしてどこで利益を出すかを考えると思います。

レジスタンスラインやサポートライン、キリ番、チャートパターンのネックライン、高値安値・・・などなど、いわゆる水平線を引くうえで最も重要視するレートを意識してエントリーポイントや利益確定ポイントを決めると思います。

それと同じように損切りするシナリオも立てなければなりません。

損切りの目安 その2:資産の3%で損切り

損失率3%の損切りであれば資産に与える影響は軽微なものだと言われています。

資産に対する損失が軽微であれば元の資産まで戻しやすい一方で、損失が大きくなると元の資産に戻すのが難しくなるという理由です。

これは、以前の損切の重要性での記事にも書いてありますので、詳しくはこちらをご覧ください!

損切りの目安 その3:建値からの値上がり(値下がり)率8%で損切り

損切りルールとしてはわかりやすいですが、根拠があまりなく、投資家としてチャートを見る力、資産管理の力もあまりつかないのがネックです。


おいおい損切りしないやつが語ってんじゃねーよって思った?

 

そうだね。だって待てばもっと下がるかもしれないし上がるかもしれないしなるべく良いレートでポジション入れたいじゃん?そう考えるのは人間だから当たり前なんだよ。だから普通なんだ。ボクは普通。普通。

 

そんなアナタにいいいいい!!!
ノックアウト・オプションんんんん!!!!


IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

レートが戻ってくるときがあるし損切りしなくてもいい?

株や為替、コモディティなど金融商品全般に共通していますが、

損切りをしなくてもレートがもとに戻るときがあります。

それを想定していたシナリオであれば問題ないのですが、
ほとんどの場合は結果論に過ぎません。

もし、当時のレートまで戻ってきたら売買しなおせばいいだけなので、
損切りは必ずしていきましょう!


結局損切りしたポジションが同じレートまで戻ってきて、利益が出てたであろう方向に向かうこともあるじゃないですか?ポジション持ちっぱなしでよくない・・・?

 

とか思った人、確実に養分の素質ありなので気をつけてくれよな!!
言っておくがボクのことじゃないから!!!

 

お前のことだよ


おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

1件のコメント

  • 先々月だったかな。記事にもして狙っていた月末のロンドンフィクスの時(https://iriuwa.com/london-fix/)、ポジションはドル円でしたが、ぐいぐい上がっていき、損切できずにえらい目にあったことがあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

モバイルバージョンを終了