2021年3月の金融政策決定会合の内容は? ~ 金融政策決定会合のまとめ


FOMCの翌日3月19日に行われた日銀の金融政策発表についてまとめてみたよ。

あれ?日銀の金融政策決定会合って別に市場に影響ない空気でしょ?

 

今回は、日銀が金融政策決定会合前にサプライズ報道して米ドル/日本円に影響あったんだよ。
僕も日銀の金融政策決定会合は、今回も空気だと思ってた・・・

 

あったんだね、黒田砲・・・


なので、みんなこの記事を最後まで読んでほしいんだ。
ということで、2021年3月の日銀金融政策決定会合について見ていこう。

 

ちなみに、日銀金融政策決定会合がどんなイベントかは以下の通りだ!


金融政策決定会合とは?
日本銀行が原則として毎月1~2回、2日間に渡って開催し、金融政策の方向性や政策金利の上げ下げなどの金融政策運営を討議・決定する会合。 具体的な議事内容として、金融市場調節の方針、金融政策判断の基礎資料となる経済および金融情勢に関する基本的見解、基準割引率および基準貸付利率や準備預金制度の準備率などを討議・決定します。 いわゆる“利上げ・利下げ”を決定する会議です。

日本の金利を決めようね会合です。

注目されていた現行の金融緩和政策については?

日本銀行は3月19日に行われた金融政策決定会合で、現行の大規模な金融緩和策を継続することを発表しました。

大まかな内容としては、1月に行われた金融政策決定会合で発表した内容に大幅な変更はありませんでしたが、その上で金融緩和策の“点検”(金融緩和策の見直し)を行った結果を公表し、長期金利の変動幅を±0.25%とする

長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)について

長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)について変更はありませんでしたが、長期金利の変動幅に変更がありました。

イールドカーブ・コントロールとは?
長期金利と短期金利の誘導目標を操作し、イールドカーブを適切な水準に維持することです。“長短金利操作”とも呼ばれます。国債を買い入れて公開市場操作などを通じて長期金利を誘導する一方で、当座預金への付利を調整するなどして短期金利を誘導します。

短期金利

日銀当座預金のうち政策金利残高に▲0.1%のマイナス金利を適用する。

長期金利

10年物国債金利が0%程度で推移するよう上限を設けず、必要な金額の長期国債の買い入れを行う。

長期金利の変動幅については±0.25%程度とし、一定金利の変動を容認する姿勢を明確にしています。

資産買入れ方針について

ETFやJ-REIT、社債等の年間増加ペースについては、1月の内容とほぼ変更はありません。

しかし、事実上の下限にあたる原則的な買入れ方針(ETF約6兆円、J-REIT約1,800億円)を撤廃することを決定しました。

また、以前の日銀金融政策決定会合で“積極的な買入れを行う”と発表された文言については“必要に応じて買入れを行う”という文言に変更されました。

また、ETFの買入れは市場全体の値動きを示すとされるTOPIX(東証株価指数)に連動するものに限るとしました。

ETFの買入れの対象をTOPIX(東証株価指数)に連動するものだけにした狙いについて黒田総裁は、

「個別の株式の銘柄に偏った影響が出ないようにするため。」

とのことです。


REITやETFならGMOクリック証券!
GMOクリック証券なら、まとまった資金はないけど少額からちょっと投資を試してみたい!
そんな方におすすめです!

業界大手の国内企業なので安心安全に取引が可能です!
以下のバナーから手続きができるので、よかったら試しに口座を作ってみてください!

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

これらの発表を受けて金融市場は・・・?

3月18日に、長期金利の変動幅を±0.25%に拡大するというサプライズ報道があり、米ドル/日本円は瞬間的に下落しました。

また、3月19日の金融緩和策の見直し内容について正式な発表があった際にも米ドル/日本円は下落し、日経平均株価も下落しました。

ETFの買入れは市場全体の値動きを示すとされるTOPIX(東証株価指数)に連動するものに限るとの発表もあり、TOPIX(東証株価指数)は上昇しました。

今回の日銀政策決定会合は市場に影響を与えました

いつもであれば、あまり影響がないと言われていた日銀金融政策決定会合ですが、今回は長期金利の変動幅の拡大のサプライズ報道があり日本円や日経平均株価、TOPIXに大きな影響を与えました。

見逃しがちな政策金利発表や金融政策発表でも、なにが起こるか分かりませんので注意しておくべきだなと今回の日銀金融政策決定会合で思いました。


経済ニュースや経済指標などといったファンダメンタルズに興味がないテクニカルキッズのみんなも、
テクニカル指標と併用してみるといい感じのエントリータイミングを見つけやすくなると思うから参考にしてみてくれ!

 

あと、経済ニュースを知っておくと周りにマウント取れるようになるからな!

あんまりマウントばっかり取ってると嫌われるぞ?


おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。