2021年4月のECB理事会の内容は? ~ ECB理事会のまとめ

今月もやってきましたECB理事会。

 

2021年4月に行われたECB理事会でどんなことが議論されたのか、
またどんな内容が発表されたのか、今回も詳しくまとめてみたよ。

 

2021年3月のECB理事会も現状維持だったし、
どうせ今回も現状維持なんでしょ?

まだまだ新型コロナウイルスは猛威を振るっているからなぁ。
とりあえず、詳しい内容を見ていきましょうか。

 

 

ちなみに、ECB(European Central Bank)理事会については以下の通りだ。復習しておこうな


ECB理事会とは?
欧州中央銀行(European Central Bank)の最高意思決定機関のこと。

ドイツのフランクフルトにあるECB本部で原則として月2回開催され、2001年11月以降、金融政策に関する決定は、第1回目の会合のみで行うこととなり、第2回目の会合では金融政策以外が討議されます。また、議事要旨が公開されないため、第1回目の理事会終了後のECB総裁の記者会見はマーケットで注目されます。

今回の会合で注目されていた金融政策は?

2021年4月に行われたECB理事会では、前回の理事会と同様に金融政策の現状維持を決定しました。

主な内容は、以下の通りです。

  • 主要政策金利の据え置き(現状維持)
  • 資金供給策“パンデミック緊急買入プログラム(PEPP)”の変更なし
  • その他資金供給策についても変更なし

それぞれ詳しく見ていこうと思います。

金融政策は現状維持

ECB(欧州中央銀行)は、4月のECB理事会で、主要政策金利を0.00%、預金ファシリティ金利を▲0.5%の現状維持としました。

預金ファシリティ金利とは
預金ファシリティ金利とは、3つある政策金利の1つ。金融機関がECBに預け入れる準備額の金利のことを言います。

前回3月に行われた会合で、4~6月の3か月間にかけて“パンデミック緊急買入プログラム(PEPP)”の資産買入ペースを上げていくという声明が発表されましたが、こちらについても変更はありませんでした。

また、その他の資金供給策についても変更はなく、現状維持の姿勢を見せています。

PEPPの縮小は時期尚早

アメリカや日本だけでなく、EUでも金融政策の出口戦略(テーパリング)について最近では話題となっています。

2021年4月に行われた今回のECB理事会では、新型コロナウイルス感染再拡大とそれに伴う都市封鎖(ロックダウン)によって、2021年1~3月期の実質GDPは、マイナス成長となる可能性が高いとラガルドECB総裁の記者会見で発言がありました。

一方で、ロックダウン措置の段階的な緩和により、2021年4~6月期は回復に転じると見通しを示しており、緊急対応策として現行の金融政策“パンデミック緊急買入プログラム(通称:PEPP)”の縮小については時期尚早との姿勢を見せています。


ワクチン接種が進んでいるとはいえ、まだまだ新型コロナウイルスが猛威を振るっている現実・・・

 

変異株の感染力も強いみたいだし、ロックダウンの緩和ができればいいんだけどね・・・


ユーロをトレードするならYJFX!がおすすめ!

ユーロ/円のスプレッドは0.5銭!ユーロ/米ドルのスプレッドは0.4ポイント!
どこよりも狭いスプレッドで取引コストを抑えてトレードしよう!

口座開設は以下のバナーからアクセスすると手続きできます!
いまなら新規口座開設と取引で最大27000円のキャッシュバックがもらえちゃう!今すぐ口座開設しよう!

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

ユーロ圏消費者物価指数の上昇は一時的?

4月16日に欧州連合統計局(Eurostat)から発表されたユーロ圏消費者物価指数<3月改定値:前年同月比>は+1.3%前月と比べて0.4ポイント上昇しています。

一方で、ECBが重視しているエネルギー・食料・タバコ・アルコールを除くCPIについては、+0.9%と前月から0.2ポイント低下しています。

ユーロ圏消費者物価指数が上昇した理由としてユーロ圏での増税などが背景にありますが、一部のECB理事会メンバーからは、需要は低迷しており、今回の物価上昇は一時的なものにとどまると見ているようです。

ドイツの債券市場の値動きは限定的

今回行われたECB理事会では、サプライズや特別大それた発言や気になる発言等はなく、会合の結果が予想通りであったことから、市場の反応はとても限定的でした。

為替市場を見ると、多少ユーロが対ドルで買われる場面もありましたが、こちらも反応は限定的でした。

経済活動正常化の目途が立つまではこの調子が続きそう・・・

今回のECB理事会でも、議論の焦点がワクチン接種の普及と経済対策のテーパリングが注目されていましたが、経済活動正常化の目途が立つまでは、この状況はしばらく続いていくようです。

新型コロナウイルスが落ち着いた暁には、EUでの長期金利上昇やユーロ高については最も注目されるされる内容となると思います。

いつ話されるかわからない内容ので、そういったことも含めて今後のECB理事会の動きに注視しつつ気を引き締めてトレードに挑んでいきたいですね。


新型コロナウイルス感染症がどのくらい続くのかわからなくて不安だ・・・

 

これはEUだけじゃなくて、全世界の問題だからなぁ・・・
俺たちじゃどうしようもできないけど、大丈夫なのか世界・・・

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

Exit mobile version