【2021年5月】GMOクリック証券のCFDランキング!CFD投資で買うべき銘柄は?

毎月公表されているGMOクリック証券で最もトレードされた銘柄は?

2021年5月の景気は昨年から続く株高相場。「Sell in May」の格言通り株高のピークなのか?
テーパリング(量的緩和の縮小)の影響は?

株投資している人・CFDトレードをしている人は、ぜひ参考にしてくださいね。


毎月更新されている“売買代金ランキング”
これからの投資戦略の参考にしてみてくれよな!

GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

【2021年5月】GMOクリック証券のCFDランキング

GMOクリック証券 5月の売買代金ランキング

5月のCFDランキングでは、先月に引き続き米国NQ100がトップ
米国株は去年から続く株無双で、ほとんど負けなしの状況ですからね。

僕も米国株の現物では1000万円以上勝ってますし、特に米国株はかなり強気ですね。

バラエティCFDでは、株の暴落時に連動して上がっていく米国のVIX指数がトップです。
VIX指数はコロナショックやリーマンショックなどの、未曽有の暴落が起きると大きく上がる指数。

CFDならVIX指数に投資することで、暴落ですら利益に変えることができます。
暴落が怖いときこそ、VIX指数に投資して暴落に備えるのもいい手だと思います。

そのほかにもGMOクリック証券なら個別の銘柄株にも投資できますから、これから上がりそうな銘柄に投資するのもいいと思います。

オリンピックの開催で少なからず航空株は上がるはずですから、航空株も早めに投資しておいてくださいね。

夏にかけて株式市場は不安定になりやすい

投資の世界ではセルインメイと呼ばれる格言

「Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.」

5月~9月は相場が不安定になりやすいので、相場から離れろという意味の格言があります。

今年はコロナの影響でどうなるかわかりませんが、株高はいつか下がるのは間違いないでしょう。
アメリカのFRBもテーパリング(緩和縮小)との噂もあり、保有している社債ETFを売却するともいわれています。

コロナ後から右肩上がりで上がってきた株無双相場は、もう長くは続かないでしょう。
横ばいになるか暴落するかはわかりませんが、初心者には難しい状況になることは間違いないはずです。

あらゆる状況を収益化できるCFD

なぜCFDを選ぶかというと、リスクオフの暴落すら利益にできるということ。
恐怖指数や株価指数をうまく使えば、あらゆる状況を収益化できますからね。

しかしCFD投資はオーバーナイト金利も発生しますし、長期運用に向いていません。
先の展開を読んでCFDで投資して、数日で決済する短期トレードの方が利益を出しやすいと思います。

原油価格のマイナス突破のように、市場を騒がす事態には乗ってみるのもおもしろいかもしれません。

もちろん損する可能性もありますから、外れても僕を恨まないでくださいね。
少額で運用・いつでも損切りできるように、自分なりにリスクヘッジして運用してみてください。

GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

オリンピック景気による経済効果は限定的

僕の動画でも触れましたが、オリンピックはスポンサーやIOCとの連携もあるので、カンタンに中止というわけにはいきません。

G7サミットでも他の首脳からオリンピック開催の支持も得たので、開催は確定です。

G7 菅首相 議論を宣言に反映と評価 五輪開催「全首脳が支持」

G7サミット=主要7か国首脳会議の一連の討議を終えたあと、菅総理大臣は記者団に対し議論の内容を首脳宣言に反映できたと評価し、新型コロナウイルス対策や権威主義との競争などでG7が国際秩序を主導していく考えを示しました。

NHK https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210613/k10013083301000.html

過去の東京オリンピックではテレビの買い替え需要や試合観戦の需要により、日本経済は好景気になったと言われています。

東京2020でもコロナ前までは、Netflixなどの動画配信サービスの株や航空株は買いだと言われていました。

しかしコロナの影響で外国人客のインバウンド需要も望めないことから、オリンピックが経済に与える影響は限定的かと思います。

コロナの経済対策でほとんどの株価は高値をつけていますし、これからさらに上がるジャンルも考えにくいでしょう。

残念ながら今回のオリンピックによる経済効果は期待できないと思っています

むしろ中止を決断した方が市場は折込済みだから、株は上がるのではないかと言われているほどです。
こればかりは起こってみないとどうなるかわかりませんが、影響はさほど大きくはないでしょう。

あくまで予想ですから、実際に開催されるまでは市場への影響はわかりませんよ。
参考程度に思っておいてくださいね。

先の展開を読んで利益に変える

今は誰が見てもわかるほどの株高相場。夏にかけてアノマリーでは下がるはずですが、今年はコロナの影響で本当に読めません。

前例のない特殊なオリンピックとなるのは間違いないでしょう。

先が読みづらい状況だからこそ、僕はCFDで短期トレードがいいと思います。

景気後退に入りそうなら、VIX指数や安全資産の金CFDに投資。
オリンピックで思いのほか盛り上がって株高になりそうなら、株価指数に投資。

どちらにしても読みづらい状況ですから短期トレードで、CFDが向いています。
あらゆる状況を収益に変えるCFDで、自分なりのシナリオで投資してみてくださいね。


恐怖指数(VIX指数)にも投資できちゃうなんて、なんだかCFDって何でもアリな感じしちゃうね
でもそれもCFDの魅力のひとつ。自分の手法に見合った銘柄を探してみようね





伝説の億トレーダーたばてぃんさんも言ってたVIXトレードで爆益できますかね!?

調整下げもありそうだけど、株価はまだ下がりそうになくないか?
いろいろ銘柄あさりすぎて買いすぎないように気をつけてね


短期トレードならCFD!余裕を持った証拠金で運用しよう!

GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

モバイルバージョンを終了