【2022年大予想】今年の経済はどうなる?コロナの影響に注目

2021年は大幅株高で終わった1年でしたが、2022年はどうなの?
コロナの影響で経済は大きく左右され、アメリカではテーパリング(金融緩和の縮小)も始まります。

トラリピ大予想で紹介されていた2022年のシナリオを交えて、どんな1年になるか予想してみましょうね。
これから投資を始める人は、ぜひ参考にして始め時を見極めてくださいね。


日本でもコロナ感染者増えてるよ…
いったいこの先どうなるんだよ…
 


まぁそう悲観的になるなよ
トラリピ大予想を参考にして今後の経済を予測しようぜ

【2022年シナリオ予測】ベストシナリオ!コロナのただの風邪になる

トラリピ大予想によると、コロナがなくなるベストシナリオの確率は30%

ベスト・シナリオ:確率30%

オミクロン株の感染拡大がコロナ禍の終わりの始まりになる。コロナが、パンデミック(世界的大流行)からエンデミック(一定地域で恒常的に発生する状態)となり、あるいはインフルエンザのように季節的に流行しても、予防法や治療法が確立されることで個人や企業の経済行動に大きな影響を与えなくなる。

トラリピ大予想 https://www.m2j.co.jp/sc/lp/forecast_2022/report_2022.php

コロナさえなければサプライチェーン障害、物流の停滞、労働力不足などの悩みは一気に解消に向かい、インフレも解消していくのではないかと思います。

しかしマスクや上がりすぎた株価・円安も元に戻るのは時間がかかり、金融緩和も縮小されていきます。

アメリカのFRBもテーパリング(金融緩和の縮小)は3月までに完了し、22年中に4回の利上げが予定されています。今後の経済やコロナの感染状況にもよりますが、経済はいずれコロナのない世界になっていくでしょう。

コロナ以前の経済に完全に戻ることはありませんが、影響はアフターコロナとして縮小されていくはず。バブルになるのか軟調になるのか、正直コロナ後の経済はまだ誰にもわかりません。

オミクロン株は弱毒化?

まだどうなるかわかりませんが、コロナ変異株のオミクロン株は弱毒化したと言われています。

「オミクロン株は普通の風邪」舛添氏が持論 「これが(変異の)最後で、あとは無くなるかもしれない」とも

要するに、今までの新型コロナウイルスは肺にきて、皆が死んでしまっていた。ところが今回は肺に来ないで上気道。のどと鼻までしか来ない。我々が普通風邪を引いたときと同じ」  そのように説明した舛添氏は「限りなく普通の風邪に近づいてきている」との認識を示した。

ABEMA TIMES https://news.yahoo.co.jp/articles/220a247e3be3e1ad80584dfadf4b8925526a0636

以前は肺にまで達して肺炎になる人が多かったのですが、今は気管支までで止まる人が多いみたいですね。
これはワクチン接種によって抗体ができているせいなのか、ウイルス自体が弱毒化しているのかはまだわかりません。

コロナもいずれは風邪のように弱毒化していき、ワクチン3回目により完全に封じ込めるかもしれません。
オミクロン株の登場時はまたコロナ渦に逆戻りかと思いましたが、アフターコロナはすぐ近いかもしれませんよ。


マネースクエアはこういった予想も提供してくれる優れた業者です!
自分でじっくり見るためにも、口座開設はしておいたほうが良いと思うぞ!
もちろんFX自動売買もオススメだ!中長期目線で為替トレードを考えているなら是非口座を持っておこう!

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

【2022年シナリオ予測】ライクリー(現実的)シナリオ!ウィズコロナ時代が続く

これが最も現実的かもしれませんが、コロナの感染とのせめぎ合いが続く年になる確率は55%と最も高い予想。

ライクリー・シナリオ:確率55%

大まかな方向性はベスト・シナリオと同じ。ただし、オミクロン株(あるいはその他の変異株)の出現によって、感染増加の波はたびたび起こる。ロックダウン(都市封鎖)までいかないものの、一部で行動制限が導入される。供給サイドの制約は簡単には解消せず、インフレ圧力として残り続ける。ただし、経済活動が下押し圧力を受けるため、金融政策の正常化はゆっくりと慎重に進められる。

トラリピ大予想 https://www.m2j.co.jp/sc/lp/forecast_2022/report_2022.php

2021年もワクチン接種が進んで徐々に感染が抑えられていきましたが、コロナの流行とワクチンの年になったと思います。2022年もワクチン3回目接種が広がり、コロナの流行も徐々に収まっていくのではないかと思います。

急にアフターコロナにはならないはずですから、少しずつ経済も正常化に向けて進んでいく予想です。感染者が収まれば旅行など人の往来も増えていき経済は活発になり、感染が増えれば自粛。

2022年はそんな年になりそうだと僕も思います。

ワクチン3回目が前倒し

2021年も感染収束の奥の手と言われていたワクチンですが、2022年は3回目のワクチン接種が前倒し。
2回目接種から8ヶ月以上経過した人から、順次接種券が発送され接種予約ができます。

岸田首相 施政方針演説でワクチン3回目は「できるだけ6か月」

高齢者の接種を2回目の接種から6ヶ月間隔で行うこととしたほかおよそ5500万人の一般向けの接種について「少なくとも7か月、余力のある自治体では6か月間で接種を行う」と表明しました。

TBSNEWS https://news.yahoo.co.jp/articles/e244921cada4572b17ad3717cb72472465cc1ceb

最終的には6ヶ月時点で接種可能になるらしいですが、ワクチン確保と接種券の発送を待つしかありません・・・

あくまでワクチンは任意ですが、持病があったり僕のように肥満の人は重症化リスクが高いみたいすから、ぜひワクチン接種してくださいね。

僕も早くワクチン打っておけばよかったと思っていますから、接種券が届いたらすぐにワクチン予約します!多分!

【2022年シナリオ予測】ワーストシナリオ

できればこれは考えたくないですが、コロナの感染が広がり再びロックダウンする可能性も考えなくてはなりません。確率は15%と低めの予想ですが、可能性がないわけではありません。

ワースト・シナリオ:確率15%

新型コロナの感染拡大が続き、個人や企業の心理は大きく悪化。過去の財政出動の効果、量的緩和の効果も徐々にはく落する。さらにはロックダウン(都市封鎖)や行動制限が導入され、経済活動に大きくブレーキが掛かる。一方で、供給サイドの制約が続き、あるいは一段と悪化して、インフレの高進が続く。

トラリピ大予想 https://www.m2j.co.jp/sc/lp/forecast_2022/report_2022.php

もしかしたらワクチン2回目後にオミクロン株が登場したように、ワクチン3回目後に新たな変異株が登場する可能性もあります。

まだオミクロン株もデータが少ないので、実は強毒性だったという可能性もあります。

これからのことはわかりませんが、最悪のシナリオも想定しておく必要がありますよ。

オミクロン株で初の死者

弱毒化といわれていたオミクロン株でも、重傷者は確実にいますし死者も出ています。
海外でもオミクロン株の流行により死者数も急増しています。

死亡男性のオミクロン感染判明、国内初か

静岡市は15日、新型コロナウイルスに感染し、11日に死亡した高齢男性についてゲノム解析をした結果、オミクロン株と判明したと発表した。オミクロン株感染者の死亡が判明したのは国内初とみられる。

KYODO https://news.yahoo.co.jp/articles/028f70283173e0f34e04009676f0fee5fe39d786

以前までと同じ高齢者が多いのは間違いありませんが、感染が広がれば若年層でも死者が出る可能性もあります。
弱毒とはいえ、オミクロン株もあなどってはいけませんよ。

ワーストシナリオにならないように、感染に気をつけましょうね。


国内感染者最多…
年末年始のアフターコロナの雰囲気がなつかしい…



まぁまぁ落ち着けよ、まだ2022年は始まったばかりだよ

みんな、油断しないように手洗いうがいとかを徹底しような


今年も経済状況を見極めてしっかり投資していこう!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。