キャシー・ウッド氏の旗艦ETF「ARKK」、大暴落でパンデミック時の底値に・・・

最近の株価暴落で心が荒むたびにARKKを思い出して勇気もらってるわ

 

ARKKをサンドバッグ代わりにしないでくれます?

 

そんな可哀想なことしてないもん!超絶大暴落で泡吹いてるARKKを死体蹴りしてるだけだもん!

いいからやめたげて


S&P500がベア(弱気)相場入りし、ハイテク株を中心に年初来大幅安が続出しています。

これにより著名投資家キャシー・ウッド女史が率いる破壊的イノベーションの人気ETF『アーク・インベスト(ARKK)』は大暴落。新型コロナウイルス後の値上がり分をすべて吹き飛ばしただけでなく、今やパンデミック時の底値に近づいていると報じられています。

ソース先

Cathie Wood’s ARKK tests pandemic low as market sell-off batters fund

https://finance.yahoo.com/news/cathie-woods-arkk-tests-pandemic-low-june-13-2022-184748359.html

人気のARKK株がパンデミック期の底値に

マーケットの崩壊で、人気のETF『ARKK』はパンデミック期の底値に近づいています。

ARKK株の2022年6月13日終値は36.58ドル(前週比-8.8%)。2020年3月につけた34.69ドルに限りなく接近しており、不安定な相場ゆえ、底を割る可能性も出てきたそうです。

構成銘柄がどれも大きくマイナス

ARKK構成銘柄の上位10銘柄はどれもマイナスを出していますが、13日に著しい損失を出したのは暗号資産取引所『コインベース(COIN)』でした。

暗号資産市場暴落も直撃し、同社の株価は一時-15%となり、終値は前週比-11%をつける事態に。ウッド女史は2022年も絶えずCOIN株を取得し続けており、ARKKポートフォリオにおける同社の構成割合は4%ほど。これが大きな下落に寄与したことは言うまでもないでしょう。

他にも彼女お気に入りの上位銘柄『ズーム(ZM)』や『テスラ(TSLA)』も13日に下落。それぞれ前週比-5%-7%となりました。

1日で15.6%下落した銘柄も

しかしこれらの損失は他の構成銘柄と比べるとまだ”序の口”です。

オンラインスポーツカジノ運営会社『ドラフトキングス(DKNG)』は1日で15.8%下落し、バイオテクノロジー企業『ギンコー・バイオワークス(DNA)』も-15.6%、さらにARKKで4番目に大きな銘柄である『CRISPRセラピューティクス(CRSP)』も-13.3%の急落を見せていました。

ARKK組入れ上位銘柄

  • ズーム(ZM):割合10.84%
  • テスラ(TSLA):割合9.23%
  • ロク(ROKU):割合8.49%
  • CRISPRセラピューティクス(CRSP):割合5.50%
  • ユーアイパス(PATH):割合5.30%
  • ブロック(SQ):割合4.65%
  • イグザクト・サイエンシズ(EXAS):割合4.59%
  • テラドック・ヘルス(TDOC):割合4.44%
  • コインベース(COIN):割合3.92%
  • トゥイリオ(TWLO):割合3.91%

https://ark-funds.com/funds/arkk/

ARKK株価情報


コロナ後にブル相場なんてなかったんや・・

 

って、このままベア相場に引っ張られて更に落ちていきそうな未来しか見えん

 

俺のキャシーは大丈夫だと言ってるもん!救われたくばキャシーを信じよ!

ウッド女史は楽観視

ウッド女史は「ARKKは長期戦がそもそもの投資戦略」であることを強調しており、多くの伝統的な信託会社が狙う12〜18ヶ月の短期的な資産運用は「目先のことしか見えないやり方」だと批判しています。

どうやら彼女の自信は、以下2つの”確証”に基づくもののようです。

「インフレは解消される」

13日のARKK株の下落理由はもはや明白でしょう。

他でもないインフレ懸念の高まりと、物価高騰の抑制を目的とした連邦準備制度(FRB)による積極的な介入政策、そして景気後退(リセッション)懸念が、株の売却に火をつけたのです。

これらの懸念はウォール街にも周知の事実となっていますが、ウッド女史は「インフレではなくデフレが投資家に大きなリスクをもたらす」という長年の考えを先日改めて表明。インフレ解消の兆候が見え始めたと、アーカンソー州で開催されたイベント『UP.Summit 2022』で指摘していました。

主要小売店では商品の在庫が山積みになってきています。このような在庫問題は、我々が繰り返し述べてきたように「インフレが解消される」理由になるはずです。

「ビットコインは100万ドルを超える」

さらにCOIN株に強気なウッド女史はビットコインの将来価格も大胆予想。ビットコインは2030年までに100万ドル(約1.3億円)を超えると言い続けています。

ビットコインはこの6週間で約40%下落し、14日には一時2万3000ドル(約300万円)を割り込み、およそ1年半ぶりの安値を付けていました。しかし100万ドルを超えると”分かっている”ため、今の暴落は特に問題視していないのでしょう。

ARKK株は2021年2月の史上最高値から75%下落しましたが、パンデミック期の底値に近づいてもまだなお、将来的な上昇を見込んでいます。


キャシー最高!信じてついていくしかない!

 

いやいやどう考えても騙されてるやろ!!!

俺のキャシーに文句言うな!売らなければ一生損失は出ないんだぞー!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。