アメリカ人は「インフレ」が老後における最大の脅威と認識! 我々はどう対策していくべきか?

物価上昇エグいよ~、もうやめて~助けて~

 

そりゃあ某ジュースメーカーも価格を抑えるため果汁2%なのに100%メロンの表記で売るわけですわ

 

某ジュースメーカー・・・なんといったかーな?じゃなくそれトロピカーナ!

少しは配慮しなさい


米国では昨今インフレが猛威を振っており物価が上昇し続けていることから、多くの国民が退職後の人生を心配しています。

アリアンツ生命保険会社が2021年11月に18歳以上のアメリカ人1115名を対象に調査したところ、アメリカ人は「インフレ」こそが老後における最大の経済的脅威とみなしていることが判明。それにも関わらず「金融アドバイスを求める」と回答した人は2020年と比べても低水準だったようです。

ソース先

How Inflation Could Affect Your Retirement

https://finance.yahoo.com/news/retirees-cant-ignore-major-threat-165034255.html

インフレが最大の懸念事項に

アリアンツ生命保険会社の調査では、参加者の4人に1人が「インフレ率の上昇」が退職後の人生に対する最大の脅威と回答2020年の調査で「インフレ」を最大の懸念事項として挙げた人はわずか8%だったことを考えると、一年で約3倍に増加したことになります。

現代のアメリカ人はインフレによほど大きな不安を抱いていることから、他のリスク要因についてはあまり危惧していないようです。

2020年には回答者の実に13%が「医療費の増加」を老後最大の脅威とし、さらに12%は「雇用保障」を不安視していました。しかし2021年に「医療費の増加」をリスクと述べた人はたったの8%、「雇用保障」も7%だけだったのです。

■調査:「退職後の人生計画において最大の経済的脅威は何か」(2020年→2021年)

  • 医療費の増加 13% → 8%
  • 雇用保障 12% → 8%
  • 資金不足 10% → 8%
  • インフレの高騰 8% → 25%

インフレが退職に与える影響が再び注目されるようになったのは自然なことでしょう。

消費者物価指数(CPI)は2021年を通じて高騰傾向にあり、1月の前年比1.4%から4月には4.2%に上がり、11月は6.8%上昇という、1982年6月以来約39年ぶりとなる大幅な伸びを記録したからです。

インフレは勤続年数が過ぎて債券に依存している退職者に深刻なリスクをもたらす可能性があり、これは退職者の購買力低下にも直結しています。


高インフレを心配する人が増えるのも納得だお。アメリカはまだ賃金も上がってるから良いけど、日本は・・

 

JINちゃま来年から米カリフォルニア州のファーストフード店は最低時給22ドルですってばよ

 

デブが食べたらヤバい飯出して最低時給3200円とかふざけるな!ワイのことも気を使ってくれ!

むちゃくちゃ言うな!

インフレ高騰の理由とは

インフレ率が高騰している理由は複雑です。最近の物価上昇は世界的パンデミックによるシャットダウンから復活した経済と、数千億ドルを国民の銀行口座に直接送り込んだ政府による大規模な景気刺激策の副産物です。

需要の増加はサプライチェーンの混乱、供給不足、価格の上昇につながっています。

労働統計局のデータによると、エネルギーコストは過去12ヶ月で33.3%も上昇し、中古車価格も1年前と比べて31.4%高くなっています。一方で医療費はさほど上がっておらず、わずか2.1%の上昇に留まる程度です。

有用なインフレ対策とは

有用なインフレ対策としてまず考えられるのは、お金のプロであるファイナンシャルアドバイザーと相談すること。そして積極的にポートフォリオに手を加えることで、インフレの悪影響を回避することができるでしょう。

1)専門家に相談する

物価上昇が老後の人生に与える影響について心配するアメリカ人が増えているのは事実ですが、金融専門家のアドバイスを求める人は1年前よりも少なくなっているようです。前述したアリアンツ生命保険会社の調査では、「金融アドバイザーに相談したい」と回答した人は全体の22%で、前年の27%からは減少しています。

この理由についてアリアンツ生命保険会社は「多くの国民がお金の管理に積極的に取り組んでいるゆえの自信かもしれない」と指摘。

実際2020年によく見られた”お金にまつわる悪い習慣”は2021年には減少していたそうです。

2)株や債券に目を向ける

株式・不動産・ゴールドなどは伝統的にインフレ時のヘッジ(リスク回避)とみなされてきました。投資に抵抗がなければインフレに強い「コモディティ投資」を行っても良いかもしれません。

過去10年間でインフレが予想外に起きた際、インフレ上昇率が1%上がるにつれコモディティ価格は7%〜9%上昇したことを投資顧問バンガードの研究者が発見。コモディティ投資はハイパーインフレに対する強力なヘッジとなっていることが分かったのです。

コモディティ投資とは:
コモディティ(商品)とはエネルギー、貴金属、穀物、農畜産物などの実物資産を指す。実物資産は物価の上昇とともに価値が上がる傾向にあることからインフレに強い資産と考えられている。ただしボラティリティ(価格変動率)が高いことには要注意。

またインフレ連動債(TIPS)もポートフォリオに組み込んでも良いかもしれません。インフレに連動するため、消費者物価指数が上昇するだけ価値もあがっていきます(もちろんその逆も然りですが)。


なるほど専門家に相談するのがいいね

 

おいBBA、インフレで家計苦しいから小遣いあげてくれ。あと今すぐ二階の僕の部屋にポテトチップス持ってくるように

 

はーいJINちゃんの大好きなチョップスですよ

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。