あるミュージシャンが株で250億円稼ぎ出して引退、彼が成功を収めた秘訣とは(前編)

株投資で250億円稼いだ一般人の話がタメになるので紹介します

 

しかもこの人40代になって初めて株に手出したんだって、どんな天才だよ


金融メディアMarket Watchがこのほど、40代になって初めて株式市場に足を踏み入れたアメリカ人ミュージシャンを取材。2億ドル(約295億円)近い総資産を実現できた成功の秘訣を聞いています。

ソース先

This musician retired after making $170 million in the stock market. Now he’s sharing his secrets.

https://www.marketwatch.com/story/this-musician-retired-after-making-170-million-in-the-stock-market-now-hes-sharing-his-secrets-11666293074

295億円近く稼いだミュージシャン

アメリカの名門オーケストラ『ボストン・ポップス・オーケストラ』でクラリネット奏者だったEdward Avedisian氏(85)が先月、ボストン大学医学部に1億ドル(約148億円)を寄付。ごく普通のミュージシャンがどうしてこのような莫大な資産を持っているのか、多くの国民が彼に関心を寄せました。

驚くべきことに、投資での成功がなんと2億ドル(約295億円)近い資産を彼にもたらしたのでした。

Avedisian氏は寄付という形でほぼ全財産を手放してしまいましたが、正式な投資トレーニングも受けていない彼がいかにして財を築いたのか。自身の成功体験を喜んで教えてくれています。

2022年は株を始めるのに最高の時期

Avedisian氏は高齢で健康状態も良くないことから現在投資はしていないとのこと。

しかし2022年は市場のボラティリティ(価格変動の度合い)が激しいにも関わらず、彼は米国株の今後の見通しについてこれまで以上に強気で、投資を始めたばかりの人たちを「羨ましく思っている」のだそう。

「株を始めるには素晴らしい時期」であるとも強調していました。

株式投資の成功の秘訣とは

すでに現役を退いたこのアマチュア投資家から我々は投資に関する数多の知恵に富んだ教訓を学ぶことができるはずです。果たしてAvedisian氏はどのように富の種を撒きそれを刈り取ったのかー。

以下、成功の秘訣を3項目まとめてみます。

1)節約してシンプルに生きる

中流階級の給与をもらいながら2億ドル(約295億円)近くを稼ぎ出すなど注目に値することでしょうが、Avedisian氏は40代になるまで投資を始めなかったことを考えると、彼の成果はさらに驚愕すべきものと言えます。

Avedisian氏が無意識に行っていた1つ目の成功の秘訣は「質素な生活を送ること」でした。

独り身で自由にお金を使えた

Avedisian氏は55歳になるまで独身で借金もありませんでした。人生において大きな金が必要になる場面がなかったことから、できるだけ多くの貯蓄を株式市場に投入したのです。

ちなみに当時の彼の年収は約5.5万ドル(約812万円)、退職時までに給与は2倍以上になったそうです。

私にとってリスクは最小限でした。私には義務や責任がなかったので、すべてを投資することができたのです。妻や子供や家があるなら真似すべきではありませんね。

金融誌や目論見書に目を通す日課

自由な身であるAvedisian氏はシンプルな日課を繰り返していました。金融誌『ウォール・ストリート・ジャーナル』と『インベスターズ・ビジネス・デイリー』を読み、ツアーの移動中に企業の資料を閲覧していたのです。

彼のお気に入りの読み物はIPO(新規公開株式)の目論見書でした。

これら目論見書には上場する企業の強みや弱み、経営陣が所有する株式の量など、投資判断に必要な重要事項が記されています。

これらを研究しない人間はバカでしょう。会社が何をしているのか、誰が経営しているのか、誰が株を購入/売却したいのか知ることができます。私は株主が株を売りたがっている会社が好きではありませんでした。私のお金が欲しいのに逃げようとしているんですか?この手の詳細はすべて文書にあるのです。

まさかの全ツッパ最強伝説!やはりそうだったのか!

 

愛する人も守る人も生きる意味も何も無いボクにはぴったりだった

自分で言ってて悲しくならないの?

 

 

この人の真似をしてはいけないとまでは言わないけど、しっかり資金管理しておかないと痛い目見るからね!
爆益を夢見てトレードするよりも、相場とコツコツ対話しながら地道に稼ごう!
おすすめは米国株主要3指数でトレードできるCFD!ワイの使ってるGMOクリック証券は手数料も安いし使い勝手も良いよ!下のバナーから口座開設してみよう!

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

投資していた銘柄とは

Avedisian氏は所有していた銘柄について詳細は明かしておらず、それらは「大企業」であり「みんなが知っている一般的な企業」とだけ述べています。

彼は自分の資産のほとんどを慈善活動に寄付したものの、ヘルスケアに多額の投資をしたことはありませんでした。また多くの一般的なアメリカ人は『バークシャー・ハサウェイ(BRK)』に投資して裕福になっていますが、氏は同社の株を少数保有していただけとのこと。

Avedisian氏のポートフォリオはテクノロジー株が大部分を占めていました。特にパソコン用表計算ソフトを開発した『ロータスソフトウェア(現IBM傘下)』『マイクロソフト(MSFT)』を称賛しており、マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏を「天才」と讃えています。

ビル・ゲイツはWordやExcelやその他オフィス作業ツールを1つのパッケージにまとめた天才です。人々の生活を楽にし、より多くのお金を集めるのがマイクロソフトの事業戦略でした。

マイクロソフトはAvedisian氏が投資を始めた時期の1986年に上場を果たし、それ以来リターンは2400倍。つまり年平均成長率は+24%と市場平均を遥かに上回る数値を叩き出しています。

Avedisian氏は単純にインデックスファンドに投資するのではなく、その先何十年も保有できる優れた企業を特定しようとしました。個々の企業を入念に調査し、確信を得たとき、彼は自分の資産をそこに集中させて賭けに出たのです。

常に10社の銘柄も所有していなかった、とAvedisian氏は明かしています。

偉大な投資家も同じ手法を用いた

お金を節約して出来る限りの資金を投入することが、Avedisian氏の取った基本ルールです。何世代にもわたって成長できる優れた企業を集中して所有すれば大きな富が舞い込むのは必然でしょう。

この元ミュージシャンの投資戦略はウォーレン・バフェット氏からジョン・テンプルトン氏やピーター・リンチ氏に至るまで、多くの偉大な投資家が実践したものでした。

ビジネスにおけるいくつかの重要な変数に注目し、それらがどのようにして会社に卓越した業績をもたらすかフォーカスすることが投資の成功の秘訣になり得る、とAvedisian氏は早い段階で学んでいたのです。


申し訳ないですが文章が長くなったので本日はここまで、後編に続きます

いいことでクソが!てめぇの文章力がないせいだろ!3行でまとめろ3行で!!

 

(ライターの拳)

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

初心者も使いやすい「GMO外貨」

#PR GMO外貨の口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です