米ドルが強い今、どのようにポートフォリオを構築していくべきか

ドル円大暴落でやらかした!CPI発表で人生オワタよ、もうダメだお!

 

ド底損切りは草生えましたわww頑張って生きろよwww

 

・・ごめん、言い過ぎたわ


米ドルは今年高騰傾向にあり、米ドルに対して外貨が下落していることから、ドル建ての債務や貿易請求書を持つ国に大きな問題を引き起こしています。

このような状況下で「投資家はポートフォリオをどのように構築していくべきか」また「米ドル高が資産価格にどのような影響を与えるか」について、米投資情報サイトYahoo!ファイナンスが金融専門家に確認しました。

ソース先

How to position your portfolio amid a strong US dollar: Experts weight in

https://finance.yahoo.com/news/portfolio-strong-us-dollar-experts-weight-in-135235627.html

なぜ米ドルはこれほど強いのか

そもそもなぜ米ドルは他通貨に対してこれほど強くなったのでしょうか。

米金融機関アビタス・ウェルス・マネジメントの最高投資責任者を務めるRussell Evans氏によれば、「ユーロや他の先進国の通貨に対してドルが最近強いのは、米国が世界的な利上げの波の先陣を切ったことによるもの」と指摘しています。

ドル高は利上げによるもの

アメリカは記録的なインフレを抑え込むため、急速な利上げを続けているのはご存知でしょう。

金利のつく通貨はより儲けられるから投資家からすると旨味があるのです。よってドルを買う動きが世界中で広がり、その反動でユーロやポンド、円が売られているわけです。

Evans氏は「資金は貿易や最高の利回りのある場所に流れている」と付け加えていました。

■米ドル指数(DXY)

FXトレードするならワイもお世話になってるみんなのFX!
キャンペーンも頻繁にやってくれるしスワップ金利も高いし両建ての証拠金は少なくて済むし良い事だらけ!
よかったら下のバナーから口座開設してくれよな!

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

投資家はポートフォリオをどう構築すべきか

ドル高の現状を踏まえて、投資家はポートフォリオをどのように構築していくべきなのでしょうか。

「強いドルは米国の資産を所有することをより有利にする」と強調するEvans氏。しかしその一方で、国外で販売を手掛けるアメリカの多国籍企業や輸出業者にとっては逆風でしょう。ドル建て換算の海外利益が目減りしてしまうためです。

代替案の1つは、米国内での事業展開に注力している企業に目を向けることだと言います。

LPLファイナンシャルにてチーフ株式ストラテジストとして活動するQuincy Krosby女史はポートフォリオの組み方について、こうアドバイスしています。

アメリカの中小企業はより国内向けの事業を行う傾向が強いことから、収益面でドル高の影響を受けにくいはずです。とは言え、中小企業も多くが多国籍企業の下請け企業であることを忘れてはいけません。そのため自分で下調べが必要になってきます。

外国人投資家は米国の資産を買うべきか

ドル高のデメリットとして、ドル建ての資産は外国人購入者にとってはより高価になります。Evans氏はこう説明していました。

あなたが米国以外の先進国に住んでいて、自国の経済に投資しているなら、ドル高はすでに逆風となっていることでしょう。 米ドルを介した外貨の弱さは、外国人投資家が米国市場への投資をより高価なものにしており、それはアセットの価格が下がっている時でも当てはまります。

外国人投資家は米ドルを買うべきか

Evans氏は米ドルを買うのは「今ではない」と明言。すでに買いのチャンスは終わったと言います。

今はその時ではありません。機会は過ぎ去りました。海外の投資家が米ドルに投資する一番のタイミングは約一年前でした。米国にならって、他の先進国もインフレ抑制のため金利を引き上げることになれば、その通貨が米国通貨よりも魅力的になるかもしれません。

米ドルはいつ安くなるか

昨今の猛烈なドル高はいつ治まるのでしょうか。

「連邦準備制度理事会(FRB)の利上げが終わりに近づいていること、またはFRBがタカ派ではないスタンスに移行していることを市場が嗅ぎつけたときにドルは緩和するはず」とKrosby女史。

ドル高が続く今は、市場全体の値動きと同様の投資成果を目指すパッシブ運用はオススメではないとのこと。それよりも、株価の上昇が期待される銘柄や国を厳選して投資し、ベンチマークを上回る投資成果を目指すアクティブ運用が良いようです。

タカ派とは:
「タカ派」とは経済状況にたいして強気なスタンスであり、利上げ賛成派を指す。インフレを懸念し、利上げや金融引き締めに積極的なスタンスの派閥。「タカ派」は強硬派とも呼ばれており、一方の「ハト派」は穏健派を指す。


米国株買うならドル建て換算の海外利益が目減りしにくい中小企業が狙い目と

米ドルはもう買うタイミングじゃないんだってね

 

おいたわしゅうございます

 

思い出すたびに胸が張り裂けそうなの

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます