いま注目すべき鉄道株! 最も割安・収益成長率の高い・運用成績の良い銘柄とは?

鉄道株といえば下振れリスクが少ない堅調なイメージですが最近変わってきているようです

 

コロナからのリセッション懸念、そしてストライキなどなど不安要素多いしね

 

というわけで今オススメな鉄道株を紹介しますね!我らが日本の鉄道株もピックアップされてるので是非最後までお付き合いください


このところ鉄道業界は苦戦していますが、今回は”最も割安な銘柄”・”最も成長率の高い銘柄”・”最も運用成績の良い銘柄”の3つの視点から、2023年第2四半期に注目すべき鉄道株を紹介します。

ソース先

Top Railroad Stocks for Q2 2023

https://www.investopedia.com/top-railroad-stocks-q2-2023-7480691

苦戦する鉄道業界

鉄道・貨物・航空株のベンチマークとされる『iシェアーズ米国トランスポーテーションETF(IYT)』は過去12ヶ月で6%下落しました。

鉄道ストライキや潜在的な景気後退に対する懸念から鉄道業界は苦戦を強いられていますが、一方で『JR東海』や『カナダ太平洋鉄道』『米国グリーンブライアー・カンパニーズ』などの企業は収益成長率で同業他社をリードしています。

最も割安な鉄道株

過去12ヶ月の”株価収益率(PER)が最も低い鉄道株”が以下の3社です。

PERが低い銘柄ほど、企業が生み出す利益に対して株価が割安であることを示すため、最もお買い得の株ということになります。

  • ノーフォーク・サザン鉄道(NSC/米国)
  • CSXコーポレーション(CSX/米国)
  • ユニオン・パシフィック鉄道(UNP/米国)

1)ノーフォーク・サザン鉄道(NSC)

米国東部で鉄道路線を運営する貨物輸送会社です。

オハイオ州で今年2月、塩ビなど危険物を運ぶ同社の貨物列車が脱線し、大規模な火災となり、地域一帯に避難命令が出される事故が起きました。そのため同社は現在、米国司法省とオハイオ州から有害廃棄物・大気汚染・水質汚染の過失に関する州法および連邦法の違反で訴えられています。

事故後、NSC株は18%下落。過去12ヶ月のPERは14.8倍と低水準です。

■NSC株価情報

2)CSXコーポレーション(CSX)

鉄道サービスおよび貨物輸送サービスを提供する運送会社です。エネルギー、産業、建設、農業、消費財など、さまざまな市場の顧客にサービスを提供しています。

去年9月にCEOが交代。2023年第1四半期には労働者組合と協定を結び、病気療養のための有給休暇を提供するなどして、働き方改革を進めています。

過去12ヶ月で株価は9%ほど下落。PERは低水準で15.5倍です。

■CSX株価情報

3)ユニオン・パシフィック鉄道(UNP)

米国西部の3分の2を鉄道で結び、主要な西海岸や湾岸の港町から東部までの鉄道輸送サービスを提供する米国最大規模の貨物鉄道会社です。

UNPは昨年7月、約600台の機関車を近代化する10億ドル以上の契約を『ワブテック(WAB)』と締結しました。

同社もPERは17.7倍と割安になっています。

■UNP株価情報

最も成長率の高い鉄道株

直近四半期における”収益とEPS(1株あたり利益)の前年比成長率が上位の鉄道株”が以下の3社です。

売上と利益は両方とも企業の成功にとって重要な要素でしょう。1つの成長指標のみでランク付けすると、その四半期の会計上のアノマリー(税法の変更やリストラ費用などの例外)に左右されやすくなり、それが事業全体の伸びを示さない可能性も出てきます。

なおここでは、四半期ごとのEPSまたは収益成長率が1,000%を超える企業については異常値として除外しています。

  • グリーンブライアー・カンパニーズ(GBX/米国)
  • JR東海(CJPRY/日本)
  • カナダ太平洋鉄道(CP/カナダ)

1)グリーンブライアー・カンパニーズ(GBX)

世界の貨物輸送市場に機器とサービスを提供する米国の鉄道貨車機器メーカーです。

直近四半期のEPS成長率は155%と非常に高く、収益成長率も64%をマークしています。配当利回りは3.8%と高く、魅力的な銘柄になっています。

■GBX株価情報


個別銘柄も豊富にあるIG証券!
色々なセクターに投資したい場合はIG証券の口座を開設しておいて損はないぞ!
下のバナーから是非口座開設しておきましょう!

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

2)JR東海(CJPRY)

東海地方を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者です。同社のEPS成長率は110%収益成長率は4%と魅力的な数値となっています。

■CJPRY株価情報

3)カナダ太平洋鉄道(CP)

カナダと米国でインターモーダル輸送を提供する貨物鉄道会社です。同社は2021年末以降、0.19ドルの四半期配当を維持してきました。

直近四半期のEPS成長率は71%を記録し、収益成長率は12%と高い水準を誇っています。

■CP株価情報

最も運用成績の良い鉄道株

過去12ヶ月間で”最高のトータルリターンを達成した鉄道株”が以下の3社です。これらはいま最も勢いある銘柄と考えて良いでしょう。

  • アルストム(ALSMY/フランス)
  • ワブテック(WAB/米国)
  • JR東海(CJPRY/日本)

1)アルストム(ALSMY)

高速列車、モノレール、軽量通勤列車を製造するフランスの鉄道会社です。直近12ヶ月のトータルリターンは+18%(4月13日時点)を記録しています。

■ALSMY株価情報

2)ワブテック(WAB)

機関車や貨車、客車向けの部品を製造する米国の企業です。

同社は今年2月に第4四半期決算を報告し、純利益は前年比+13%を達成しました。2022年には総額4.73億ドルの自社株買いを実施していますが、さらに7,300万ドル相当を買い戻しています。

■WAB株価情報

3)JR東海(CJPRY)

”最も成長率の高い鉄道株”としても名前があがった同社は、直近12ヶ月で+9%のトータルリターン(4月13日時点)を出しています。

『ラッセル1000指数』のー4%や『iシェアーズ米国トランスポーテーションETF(IYT)』の−6%と比べると、十分な運用成績と言えるでしょう。


今後のインバウンド需要を考えると鉄道株はアリかもですね

 

あと僕たち日本人はめったにストライキしないし。他人を思って行動できる国民性だから

仕事を毎日ストライキしてるクソゴミニートが何を偉そうに

 

どうしてバレたんだああああ

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。