AI規制の声が高まるなか、注目しておきたい関連銘柄 [後編]

AIはiPhone以来の発明である、AI時代が来たのである!!

 

というわけで前編に引き続いて注目のAI銘柄を紹介していくよ

今回は大手中心になってくるけど、ゆっくり見ていってね


人工知能(AI)活用を表明する企業が増えてきたことで、ウォール街のアナリストや投資家のあいだで、AI関連銘柄への関心が高まっています。

前編に引き続き、”最良のAI株”を探っていきましょう。

ソース先

AI Stocks To Watch As Big Tech Braces For Artificial Intelligence Regulation

https://www.investors.com/news/technology/artificial-intelligence-stocks/

目次

AIは「最低限必要」なツールに

AIはもはや「なくてはならない」ツールになりつつあります。

我々は、生成系AIがほとんどのソフトウェア会社にとってテーブルステークス(最低限必要なもの)になると見ています。AI活用は一般的に、豊富な資金とビッグデータを持つ大企業には有利でしょう。

このように指摘するのは、エバーコアISI在籍のアナリスト・Mark Mahaney氏。

同氏のみならず、バンク・オブ・アメリカもAI関連銘柄やインターネット企業に強気です。同社アナリストのJustin Post氏は顧客向けのメモでこう述べていまいした。

AIを活用することで、コンテンツの関連性・広告のパフォーマンス・ECサイトのコンバージョン・市場の効率性・顧客サービスなどの改善が期待できます。AIはインターネットのすべてにおいて重要な牽引役となるのです。

注目したいAI関連株とは

いま注目したいAI関連銘柄を紹介していきます。

この記事で扱う銘柄

  • エヌビディア(NVDA)
  • マイクロソフト(MSFT)
  • アマゾン(AMZN)
  • グーグル(GOOGL)
  • セレブラス/サンバノバ/グラフコア
  • キャラクターAI/アデプト

半導体企業がAI競争のキープレイヤー

多くの企業にとって、AIで優位性を保つには、コンピューティング・ネットワーキング・データセンターインフラストラクチャーへの継続的な投資が必要になります。

そしてどのAIソフトウェアも大量のデータからパターンを見つけて推論・学習するためのコンピューティング能力が不可欠になってきます。

つまりAIの優劣とはチップ開発の優劣であり、AI向け半導体メーカーが重要な役割を担うことを意味するのです。

エヌビディア社

まずチップ開発の代表格が、『エヌビディア(NVDA)』でしょう。同社はAI向け半導体の開発に加えて、AIアプリケーションを構築するためのソフトウェア開発ツールを提供しています。

ライバル企業の『インテル(INTC)』はAI開発ツールで『エヌビディア』に追いくことを目指しているのだとか。

他にも『セレブラス』や『サンバノバ』『グラフコア』といった新興企業もレースに参加しています。

マイクロソフト社

エヌビディアはAI向け半導体を自社で開発していますが、一方で『マイクロソフト(MSFT)』は『アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)』と共同開発していると報じられています。

AMD社もこのところAIへの取り組みを強化しています。

大手IT企業

大手ハイテク企業もやはりAIへの取り組みを拡大しています。

アマゾン社

『アマゾン(AMZN)』はAIを活用して、サイト訪問者に商品を推奨したり、販売商品をカスタマイズしたりしています。

また同社は梱包倉庫においてもAIやロボットを使っており、米国で展開するアマゾン実店舗(30店舗以上のアマゾン・フレッシュ、25店舗以上のアマゾン・ゴー、2店舗のホールフーズ・マーケット)でもそれは例外ではありません。

グーグル社

当然『グーグル(GOOGL)』はAIを使い複雑な検索プロンプトをより適切に解析、関連性の高い広告やWeb結果を提供できるようにしています。

さらに同社はデジタル広告にAIツールを用いています。


こうしたAI関連銘柄の取り扱いもあるIG証券!
短期的にトレードするのもよし!ノックアウト・オプションで資金効率よくトレードするのもよし!
持っていて損は無い証券会社です!下のバナーから是非口座開設してみてね!

AIはiPhone登場以来の衝撃

モルガン・スタンレー証券はAI登場の衝撃をこう表現しています。

ChatGPTやAIの利用急増は、まるで2007年のiPhone登場に似たものだと我々は考えています。当時iPhoneは、消費者そして企業にとって、モバイル通信の様相や使用事例を著しく拡大するものでした。

会話型AI市場は今後数年で急成長が見込まれているようです。

ChatGPTの発表前、IDCはこの市場が2021年の33億ドルから2026年には160億ドルを超える(年平均成長率37%の成長を見せる)と予測していました。

AIベンチャー企業にお金が流れている

銀行危機にも関わらず、いま未上場のAIベンチャー企業にお金が流れています。

ベンチャーキャピタル会社『アンドリーセン・ホロウィッツ』は、OpenAI競合の生成系AI企業『キャラクターAI』の1.5億ドルの資金調達ラウンドを主導し、その評価額は現在10億ドルを超えています。

新興企業の『アデプト』も最近3.5億ドルを調達し、これも評価額は10億ドルを超えました。

同社はインターネットの閲覧から複雑なエンタープライズソフトウェアツールの操作に至るまで、人間がどのようにコンピューターを使用するかを研究し、テキストコマンドを一連のアクションに変換できる AIモデルを構築しました。


アップル社は全く動きがないけど、このままダンマリなのかな?

 

AI市場を一変させるとっておきを用意している最中だったりして

 

いや乗り遅れてるだけだろ

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

サーバーが強い安定のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

初心者も使いやすい「GMO外貨」

#PR GMO外貨の口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次