トラリピ世界戦略ってどうなの?運用するメリット・デメリットと初心者向けの戦略

今回は僕の運用しているトラリピ世界戦略の通貨ペアについて、メリットを交えてお伝えします。

トラリピを運用している多くの人が、世界戦略通貨ペアで運用しています。
まずは少額でも、運用してみてくださいね。


そこの円安に乗れていない、あなた!
円安に影響しない通貨ペアをご紹介しますね

目次

トラリピ世界戦略とは?トラリピ向きの3通貨ペア

トラリピ世界戦略通貨ペア

トラリピ世界戦略とは、僕がおすすめしている豪ドルNZドル、ユーロポンド。

さらに2022年から始まったドルカナダを加えた3通貨ペアをトラリピで仕掛けることを、トラリピ世界戦略と言います。
それぞれの通貨ペアは、オセアニア通貨の豪ドルとNZドル、欧州通貨のユーロと英ポンド。

そして欧米通貨の米ドルとカナダドルと、それぞれ近しい国の通貨同士で構成されています。
近い国の通貨ということは、それぞれお互いに綱引きのように引っ張り合って、ショック相場でも動きにくという特徴がある通貨ペアなんですね。

世界戦略の通貨同士は、経済圏による外的要因の影響が少なく、値動きの要因のうち金利差が占める割合が高くなります。
金利差なら値動きを予想しやすいという特徴があり、トラリピでリスクを管理する上でうってつけの通貨ペアなんですね。

オージーキウイ(豪ドルNZドル)の成績がヤバい

【2023年06月】トラリピ戦略リストの成績

なぜトラリピ世界戦略をおすすめするかというと、僕も運用しているオージーキウイの成績がとにかくすごいんです。

2020年に開始されたトラリピ戦略では、設定来のパフォーマンスでは150%近い利益が出ています。
他の戦略に比べて開始から1番長いとはいえ、このパフォーマンスは驚異的。

そして現在は1.07付近でレンジしているので、含み損もかなり少なくて、新しく始める人にも始めやすいと僕は思います。
僕のトラリピの利益も豪ドルNZドルによる所が、かなり大きくなっています。

今後も同じ成績で運用できるとは限りませんが、過去の結果から見ればトラリピ向きであること。
この大きな流れに乗らないのはもったいないと、僕は思います。

トラリピ世界戦略のメリットは?

トラリピ世界戦略のメリットは

  • 世界中の出来事を利益に変える
  • 収益チャンスが多い
  • 含み損が分散される

です。

なぜトラリピ世界戦略を運用するのか?

そのメリットは3つ。
それぞれの特性を理解して、運用してくださいね。

世界中の出来事を利益に変える

トラリピ世界戦略の特長より

オセアニアの豪ドルNZドル、欧州のユーロポンド、欧米のドルカナダ。
地理的に分散しておくことで、1つの金融ショックが起きても暴落に巻き込まれる被害を最小限にすることができます。

よく投資の世界ではカゴに盛った卵に例えられますが、それはFXにおいても同じなんですね。
FXにおいても、分散投資でリスクを調整することもできるんです。

トラリピ世界戦略は通貨ペア同士の相関が少なく、それぞれ違った動きが特徴になります。
広く分散しておくことが、リスク回避に最も有効なんですね。

収益チャンスが多い

トラリピ世界戦略の特長より

FXは朝のオセアニアから始まり、9時に東京市場、16時に欧州市場と、1日の中で時差によって市場が移っていきます。
トラリピ世界戦略はオセアニア・欧州・欧米の3通貨ペアで構成されていて、1日すべての市場で為替が動いていくので、24時間収益のチャンスがあります。

オセアニア時間に指標でオセアニア通貨が動き、ロンドン市場で為替全般が大きく動くというのが、為替市場の大まかな流れでしょうか。
地域的に分散しておくことで、すべての時間でトラリピが決済してくれるチャンスが生まれます。

含み損が分散される

世界戦略通貨ペアの運用益

トラリピ世界戦略の3通貨ペアはそれぞれ相関が少なく、1つの戦略で含み損を抱えても一方は余裕があったりと、含み損が分散される傾向があるように感じます。

絶対そうなるとは限りませんが、暴落しても3つ重ならなければ、かなり余裕がある運用ができます。
含み損を抱えすぎると身動きも取りにくくなりますから、うまくリスクをコントロールすること。

それぞれが地理的に分散しているからこそ、含み損も分散しやすい傾向があります。
理想的には、3通貨ペアで暴落しても生き残れるくらいの証拠金で、余裕を持った運用をしてくださいね。

トラリピ世界戦略は、トラリピ戦略リストで運用する

トラリピ戦略リストのパフォーマンス

トラリピ戦略リストとは、プロのアナリストが作った自動売買戦略がワンクリックで始められるように、マネースクエアが用意してくれた戦略です。

トラリピ世界戦略の通貨ペアをトラリピ戦略リストで運用した場合、過去の成績で見ると1年で19.3%と驚異的な成績で運用できる計算になっています。

投資に絶対はありませんから、今後も同じだけパフォーマンスが出るとは限りませんが、信ぴょう性は高いのではないかと、僕は思います。

トラリピ戦略リストの中で、ドルカナダは2023年時点ではマイナススワップの売りレンジに入っています。
マイナススワップで運用になるドルカナダは仕掛けにくいかもしれませんので、まずは豪ドルNZドルとユーロ英ポンドから運用を始めるといいかもしれませんね。

最初のトラリピは200〜300万円からトラリピ戦略リストで、ぜひ運用してみてくださいね。

JINのトラリピ成績は?毎年20%程度の利益が出ている

僕も実際にトラリピを運用していて、年利20%近い好成績が出ています。

2023年は成績が控えめですが、あまり気にしていません。
FX自動売買は無理すると爆損する可能性が高いので、のんびりと利益を重ねるくらいでちょうどいいんです。

欲を出してレバレッジをかけても、含み損で苦しくなったら意味がないですからね。
あくまでFXは長期目線で、利益を急ぎすぎないこと。

トラリピは僕のコツコツ運用にピッタリですから、僕の動画で勉強して始めてみてくださいね。


ユーロと英ポンドのように近しい国同士の通貨ペアなら、円安は関係ありません
乗り遅れた人も世界戦略の通貨ペアは始めやすいかと思います




ワイの口座開設者限定トラリピ解説動画を見れるのは、当サイトからの申し込みだけ!
ぜひ口座開設して限定動画をもらって、動画でトラリピについて学んでくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次