日銀のYCC修正で為替は大荒れ!8月の円高アノマリーは現実になるか!?

ついに日本の中央銀行である日本銀行が金融緩和の見直しとなるYCC修正に動きました。

乱高下する為替相場にどう挑むか?
8月の円高は起こるのか?

予想を大外し!まさかYCC修正が来るなんて・・・

為替はやられた人も多いだろうね(汗)

日銀のYCC(イールドカーブコントロール)の修正により為替は乱高下

日銀は7月の政策決定会合で決めたイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)の運用柔軟化として、長期金利の変動上限を従来の0.5%から事実上1%に引き上げる決定をしました。

YCC修正「出口ではない」、下方リスク大きい-内田日銀副総裁

日本銀行の内田真一副総裁は2日、7月の金融政策決定会合で決めたイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)の運用柔軟化は金融緩和政策からの出口戦略を「意識したものではない」との見解を示した。

Bloomberg https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-08-02/RYPA12T0AFB401

いつかは来ると思っていたYCCの修正が、ついに7月の会合で実現しました。

植田和男総裁は会合後の記者会見で「物価の上振れリスクに前もって手を打ったもので、金融政策の正常化に向けた措置ではない」と発言しています。

今まで厳格に0.5%を守ってきたことを考えれば、柔軟に1.0%まで許容すれば国債買い入れも節約できますから、より長期的にYCCを維持するためとしてます。

住宅ローン金利などすぐに影響が出るものではありませんが、バブル期以来の株価水準に達してる日本経済への影響は、今後も注目していく必要がありますね。

為替の短期的な値動きにご注意

YCC修正は日本円の金利上昇につながりますから、日本円にとって買い材料で円高に傾く言われていました。

しかし前夜のYCC修正リーク情報で円高に傾き、最終的には1日に5円近くの円安になってしまいました。

為替は短期的には大口の機関投資家やヘッジファンドなどが、個人投資家を狩りに来る値動きをすることがあるので、理屈に合わない動きをすることもあります。

おそらく誰も予測しなかった値動きでしたから、僕を始め狩られたトレーダーも多かったでしょう。

長期的に見たら円高方向に動いていくと予想されますが、短期的にはまだまだ米ドル円も145円を超える円安になるかもしれません。

荒い値動きで狩られないように、レバレッジは抑えてトレードしましょうね。

8月の円高アノマリーは来るか?JINのおすすめ通貨ペアは?

動画「ヤケクソになって-8000万円になった(8月円高アノマリー)」より

動画でも詳しく紹介していますが、米ドル円の過去10年値動きを見ると陰線確率は36%程度、逆に陽線確率の方が高いという結果が出ています。

しかし一方で豪ドル円の値動きは、2000年以降は陰線確率(下落傾向)が69%と高い確率になります。
豪ドル米ドルの10年値動きを見ると陰線確率(下落傾向)81%とかなり高いので、このあたりが狙いやすいかと思っています。

僕はかなり含み損で捕まっていますが、僕のようにレバレッジを入れすぎないようにしましょう。
値動きから見ると売りにくいですが、アノマリーを信じて売っていこうと思います。

RBA(豪中銀)は利上げ停止か?

オーストラリア準備銀行は1日の金融政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めました。

豪中銀、政策金利据え置き 2会合連続、利上げ効果見極め

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は1日の理事会で、政策金利を4.10%に据え置くことを決めた。据え置きは2会合連続。インフレ率が抑制されてきていることを踏まえ、これまでの利上げの効果と景気の動向をさらに見極めることにした。

時々ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2023080100780&g=int

オーストラリアも6月の消費者物価指数(CPI)が下振れしてインフレ率がピークを超えたことから、利上げの効果を見極めるために一旦利上げは停止する考えのようです。
政策金利の上昇は住宅ローンなどの金利に影響してきますから、これ以上の景気悪化は避けたいのかもしれませんね。

これからさらなる利上げがある可能性がありますが、インフレが再熱しない限りは考えにくい状況になってきたのかと思います。
動画でも紹介したように、豪ドルを含む通貨ペアは下落方向で仕掛けていこうと僕は思います。

儲かるかどうかは保証できません・・・が、予想を外した時は僕の方が爆損しているので許してくださいね。

YCC修正の予想は外しましたが、次こそ当てないと含み損がヤバい・・・

みんなのFXのスプレッド縮小キャンペーンで勝負の時

【2023年08月】ハッピーアワーキャンペーン第19弾
  • 期間:2023年7月31日(月)~2023年9月29日(金)18:00~22:00
  • 対象通貨ペア:ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、メキシコペソ円、南アランド円

動画でも紹介したように、8月の円高を狙うなら豪ドルがいいかもしれませんね。

2023年の為替はスワップポイントの影響がかなり大きいですから、クロス円を売りで仕掛けるとマイナススワップも地味に痛いんですね。
中でもスワップポイントが低い豪ドル円なら売りでも入りやすいですし、RBA(豪準備銀行)も利下げに転じる可能性もあります。

みんなのFXでは豪ドル円のスプレッド縮小もあり、他のFX口座よりもお得にトレードができるのは間違いなさそうです。
僕が普段のトレードでも使っているみんなのFXは、ツールも充実していますから何かと便利な口座なんですね。

今後は円安になるか円高になるか、まったく想像がつきません。
先が読みにくい相場なのは間違いないですが、少しずつでもトレードしてみてくださいね。

豪ドル米ドルの陰線確率は高いという結果が出ています!僕も売りで勝負していきます!

豪ドル米ドルのスワップも売りでプラスだから扱いやすい方向だね。マイナススワップで爆損中のJINくんにも優しいよ

(そろそろ捕まってる豪ドル米ドルも切って、ドテン売りするか〜・・・)

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

初心者も使いやすい「GMO外貨」

#PR GMO外貨の口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

2件のコメント

  • 植田さんは前回のゼロ金利解除時の審議委員で反対票を投じていますので、かなりインフレに対して慎重派と見ています
    次のアクションは来年の春闘の賃金ベースを見てから、と呑気なことを言っているようなので
    賃金が上がらない事には何もできないと暗に言っているようで円安は中長期でかなり続くような、、

  • コメントありがとうございます!
    特に直近の発表で実質賃金、名目賃金が予想を下振れしたこともあり、引き続き金融緩和の方向性で進みそうなので円安が続いてしまう雰囲気しかないですね・・・
    この夏、円高にあまり大きく振れなかった場合には損切りも検討せざるを得なさそうです

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です