世界的に利下げターン開始か!?各国の金利に注目!

2023年のアメリカFOMCの利上げ見通しも、残すところあと1回あるかどうか。
これまで順調に利上げで開いてきた日本円との金利差も、落ち着きを取り戻しつつあります。

世界ではすでにリセッション(景気後退)を懸念して、利下げが始まっています。
今回は他の国の金利状況も見てみましょう。

ブラジル中銀が大幅利下げを開始!政策金利は利下げのターン開始となるか?

利下げで金利差縮小して円高になるか?

目次

ブラジル中銀は大幅利下げ!金融緩和の始まりか?

南米のブラジル中銀は、8月の金融政策決定会合で大幅な0.5%の利下げに転じました。
さらに声明では数カ月にわたり利下げのペースを維持する意向を示し、追加利下げにも積極的になっています。

ブラジル中銀、予想より大幅な0.5%利下げ 追加緩和示唆

ブラジル中央銀行は2日の金融政策委員会で、政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き下げ、13.25%とした。
大方のエコノミストが予想していたよりも大幅な利下げで金融緩和サイクルを開始した。
同様の幅での追加利下げも示唆した。

ロイター https://jp.reuters.com/article/brazil-central-bank-idJPKBN2ZD1W7

2022年から始まるインフレ(物価上昇)の影響で、各国は利上げペースを急いできましたが、ここに来て利下げが始まりつつあります。

これだけ金利が上がると経済も急激に悪化してしまいますから、景気後退(リセッション)の懸念も広がります。

米FRBも年内利下げはないとしていますが、経済が悪化すれば利下げもあるかもしれません。

今後のことはわかりませんが、利下げ=金融緩和につながりますから、中央銀行としては本音は利下げをしたいはず。

経済指標結果によっては乱高下する可能性がありますから、経済指標のニュースには注目していきましょうね。

メキシコの利下げも近い?政策金利の動向に注目!

ここからは連想ゲームのように連動していきますが、ブラジルが利下げに転じたということは、同じ南米のメキシコペソ円も利下げが近いと言われています。

メキシコ中銀の主要メンバーからも、利上げには消極的な姿勢が見て取れます。

メキシコ中銀、米利上げ継続でも追加利上げに消極的

メキシコ中央銀行のジョナサン・ヒース理事は、政策金利は適切な水準にあるとし、米国が利上げを継続したとしても中銀理事会は追加利上げに消極的だとの考えを示した。

ロイター https://jp.reuters.com/article/mexico-economy-cenbank-idJPKBN2ZE027

しかし金利の高いメキシコペソ円のような通貨は買われやすく、まだまだ強い値動きをしてくれるのではないかと思います。

上下のレンジして揉み合っている間に、プラススワップが貯まっていれば嬉しいですね。

しかしリスクオフになるようなことがあれば高金利通貨は暴落してしまうので、深追いしすぎないように低レバレッジで運用してくださいね。

レンジ相場の時はスワップポイントを貯めるチャンス!
じっくりポジションを育てようね

FOMCの利上げは8月で停止か?今後の利上げは指標結果次第

米連邦準備理事会(FRB)は8月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げて5.25-5.50%としました。

以前からターミナルレート(最終到達金利)は5.25%としていましたから、すでに利上げペースは終盤。

今後は経済指標による景気後退懸念と利下げペースをめぐる要人発言で大きく動く可能性があります。
状況から見れば円安になる要因は少なくなっていきますが、短期的にはどんな値動きをするかはわかりません。

先日のCPIは予想より下回ったものの、CPI総合は前回よりも上昇。しかしながらCPIコアは前回より減少。これをどう見るかがカギになってきそうです。

パウエル米FRB議長の会見要旨

パウエルFRB議長がFOMC後に行った会見の内容は以下の通り。
*消費支出の伸びは年初から鈍化*雇用の伸びは依然として力強いペース
*労働需給がより均衡に近づく兆しが続く
*労働需要は依然として供給を大幅に上回る

ロイター https://nordot.app/1057023198274306275?c=768367547562557440

外為どっとコムのキャンペーンでお得にトレード!スワップポイント最大30%増量キャンペーン開催中

【2023年08月】スワップポイント最大30%増額キャンペーン

  • 期間:2023年8月7日(月)午前7時00分~2023年9月2日(土)午前5時55分
  • 対象通貨ペア:南アランド円、トルコリラ円、メキシコペソ円
  • 上乗せスワップ:南アランド円:30%、トルコリラ円:30%、メキシコペソ円:10%

高金利通貨なら外為どっとコムで、毎月おなじみのスワップポイント増量キャンペーンが開催しています。

南アランド円やトルコリラ円はリスク高めですが、メキシコペソ円は比較的狙いやすい通貨だと思います。
メキシコペソ円の値動き自体も上昇基調で、一時期には米ドル円より強い値動きをしていて話題になりましたね。

今後は利上げ停止や利下げの影響で、強い値動きとはいかないかもしれません。
しかし日銀は金融緩和を継続していますし、政策金利も20年ぶりともいえる高い水準を保っています。

乱高下する値動きをトレードで利益を狙うのは難しいですから、高いスワップポイントを狙って低レバレッジでトレードしていく戦略がいいかもしれません。

キャンペーンを駆使すればかなりの高水準でスワップポイントをもらえますから、ぜひ活用してトレードしてくださいね。

外為どっとコムへのりかえ・おかえりキャンペーン!

のりかえ・おかえりキャンペーン

  • 期間:2023年8月7日(月)午前7時00分~2023年11月1日(水)午前5時55分
  • 参加条件:10万通貨以上の新規取引
  • 特典:抽選で100名様に3万円をプレゼント

他社でFXトレードしている人、口座開設済みだけど5月以降はトレードしていなかった人向けに、抽選ですが100名に3万円が当たるキャンペーンが開催されています。

条件は10万通貨以上のトレードが必要ですので、あくまで目安ですが100万円以上の資金力があれば条件を達成しやすいのかと思います。
もちろん短期トレードなどのスタイルによっては、もっと少額でも条件を達成できるかと思います。

さらにひと月で10万通貨以上を達成し、翌月も条件を達成で当選確率は最大20倍まで上がります。
条件を達成できれば当たりそうな予感もしますね。

他のキャンペーンを駆使すればスプレッド縮小やキャッシュバックもありますから、上手に活用してお得にトレードしましょう。

TEAMハロンズへ相談できる!為替ディーラーとの対談

今回ののりかえキャンペーンでは、外為どっとコムのライブ配信でおなじみのTEAMハロンズへのオンライン相談ができるチャンスもあります。

キャンペーンでは抽選3名の人が、TEAMハロンズの為替ディーラーへ個別に相談する権利が当たります。
普段から疑問に思ってた質問やトレード手法をぶつけるのも良し、自身の資産ポートフォリオを見てもらうのもいいかもしれません。

為替の世界で仕事している人へ質問ができるチャンスはなかなかありませんから、抽選で当たった人は貴重な体験になると思いますよ。

TEAMハロンズを知らない人は、外為どっとコムのライブ配信もチェックしてみてくださいね。

世界的に利下げが始まって、僕の米ドル円売りも助かるか!?

アメリカの利下げは来年(2024年)って言ってるし、まだまだ遠そうだよ・・・

お願いだからもう利下げしてくれー!!パウエル議長ー!!

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次