日経平均株価は高値圏をキープ?ここから暴落?

先月GMOクリック証券で最もトレードされたCFD銘柄を見ていきましょう。

2023年7月は株価は堅調で、為替も米ドル円が為替介入水準の145円付近までの楽観相場。
果たして暴落は来るのか?

押し目買いを狙っている人は、ぜひ参考にしてくださいね

CFDランキングを参考に、今後の株価指数トレードの戦略を練ってみよう!

目次

【2023年07月】GMOクリック証券のCFDランキング!

【2023年07月】CFDランキング

2023年7月のCFDランキングでは、前月に続き日本株が1位を獲得。
先月にバブル期以来の高値となる3万3千円台を突破してから、日本株は堅調な値動きを続けています。

しかし日経平均株価は高値更新後に続落していますし、例年に比べてボラティリティ(値動き)が大きい相場です。
夏枯れ相場ということもあり、ここから大きく下落してもなんら不思議ではありません。

商品先物CFDでは米国の雨量が増えたことでトウモロコシの供給量が想定以上になる見込みで、コーン先物の取引量が増えてランクインしています。

CFDでは世界中の出来事が反映されますから、ランキングをチェックして「なぜ?」を考えてみると、トレードのチャンスも生まれるかもしれません。

日経平均株価は下落トレンドに突入か?

日経平均株価は7月につけた33,700円台をピークに、下落基調になりそうな気配があります。6月頭につけた31600付近のレートを割れたら、かなり下落基調になりそうな気配です。

株の世界では「七夕天井・天神底」というアノマリーもあり、七夕付近につけた高値から、大阪の天神祭頃の7月後半に下落しやすいと言われます。

まさに2023年はこのアノマリー通りの値動きとなっていました。

ここからサマーラリーで上昇かと思いきや、米国の格付け会社の米国債格下げニュースに水を差されてしまいました。

しかしまだ株価は下げ切らずギリギリで強気相場継続になっていますから、ここが押し目買いのチャンスとなるかどうかといったところ。

今後の日経平均の値動きは株式市場全体を表す指標になりますから、注目していきましょう。

CFD取引をするならGMOクリック証券!ワイもメインで使ってるよ!
株価指数をトレードするならここ一択!下のバナーから口座開設してね!

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

Fear&Greed indexは「貪欲」から「ニュートラル」へ

以前にも紹介した市場の動向を示す「Fear&Greed index」ですが、楽観を示す「GREED(貪欲)」に落ちてきたと思ったら記事公開時点では「NEUTRAL(ニュートラル)」に変化しました。

7月には「EXTREME FEAR」でしたが、市場はそろそろ恐怖を感じてきているということを表しているわけですね。

僕は「EXTREME FEAR」の時に株を買って利益が出ていますし、「Fear&Greed index」は市場参加者の感情を知る上では、ある程度信頼性がある指標だと思います。

市場で勝つには常に大衆の逆を行くこと。
最近株を始めた人は、身近にいませんか?

「靴磨きの少年」のように、大衆が株に興味を持ったら暴落のサインにもなりえます。
やはり最近投資をする初心者が増えていた事を考えると、暴落も近いのかもしれません。

「Fear&Greed index」は投資家心理を表す指標ですから、参考にして相場の反転を狙ってみましょう!

株の暴落は近い!?逆イールドカーブが40年ぶりの深さ

動画でも説明したように、米国債の逆イールドカーブは1980年以来の深さで0を割っています。
あくまで過去の値動きを見たらですが、今回の逆イールドの深さは無視できません。

しかし僕の動画で紹介しているチャートは週足ですし、暴落もすぐに来るとは限りません。
もしかしたら来年かもしれませんし、年末近くになるか・・・、とにかく直近の値動きでいえば株価は堅調です。

ポジションを手仕舞いしてレバレッジを減らして、暴落が来たら押し目買いしていく方が無難かもしれません。
もしくは投資の神様バフェット氏に習って、米国債を買うべきか・・・。

どれが正解かはわかりませんが、僕はiシェアーズ米国債20年ETF(TLT)で勝負していきたいと思います。
今後どうなるかは、動画でチェックしてくださいね。

米国株を買うならSBI証券!ワイも使ってるよ!もちろんTLTというETFも取り扱いがあります!
下のバナーから口座開設してチェックだ!

暴落は押し目買いのチャンス?4年サイクルの暴落が来るか?

引用元:エリオット波動・宮田レポートより

僕がいつも参考にしているマネースクエアのエリオット波動宮田さんのレポートでも、株価は比較的大きめの調整に入ることが示唆されています。

その理由は4年毎のサイクルで、コロナショックがあった2020年からちょうど2024年は4年サイクルの節目になります。
株価は4年サイクルのはざまですから、大きめの調整が入るのではないかということ。

あくまで大きめの月足チャートで見た値動きですから、直近としてはもっと上げ相場でもおかしくありません。
暴落もいつ来るかわかりませんから、安易に空売りしないようにしてくださいね。

長期的な目線で下がったところを買っていけるように、低レバレッジでコツコツとトレードしてみてくださいね。

逆イールドが40年ぶりの深さ・・・あのエリオット宮田さんも暴落を予言・・・
これは何かが起こる前兆かもしれません

投資の神様バフェット氏も売り逃げしてるから、そろそろ株価の下落は近いかもしれないね

下がったところは買い!押し目買いを狙っていきましょう

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次