チャートパターンを覚えよう!ソーサーの特徴と売買タイミング


リバーサルフォーメーションのチャートパターン最終章は、ソーサーです!

 

ソーサーを見つけるのはちょっと難しいので、頑張って見つけてみてね!


前回のリバーサルフォーメーション、スパイクについての記事はこちら

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

ソーサートップ・ソーサーボトムとは?

図1:ソーサートップ/ソーサーボトム

ソーサートップ・ソーサーボトムとは、高値圏や安値圏で発生するお皿のような形をしたレンジ相場を形成しているリバーサルフォーメーションのことを言います。

どちらも目立った反発はなく緩やかに落ち着いた相場が弧を描いていき、
ネックラインをブレイクすると、トレンドが発生すると言われています。

特に目立った動きを見せず、レンジ相場の中でチャートパターンを形成するので、判断がとても難しいです。


ソーサーフォーメーションは、出現頻度がかなり低い・・・

 

けれど、覚えておいて損はないからしっかりと売買タイミングも覚えておくように!


実際のチャートでのソーサーボトム

図2:ソーサーボトム 米ドル/日本円 1時間足(TradingView)

実際のチャート上では、このような感じです。

レンジ相場が長く続けば続くほど大きいトレンドが発生しやすいと言われていますので、トレードの際は十分に注意してください!

ソーサートップ・ソーサーボトムの売買タイミング

図3:ソーサーボトムの売買タイミング

ソーサートップやソーサーボトムの場合は、ソーサーフォーメーションの始点をネックラインとし、そのネックラインを抜けてロールリバーサルしたところでエントリーします。

損切りのポイントとしては、

  • ソーサートップの場合、レンジ相場内の直近安値で損切り
  • ソーサーボトムの場合、レンジ相場内の直近高値で損切り

とすると、良いトレードができると思います!

ソーサートップ・ソーサーボトムの到達価格の予測の仕方

図4:ソーサーボトムの利益確定タイミング

ソーサートップやソーサーボトムの到達価格は、トレンドが反転した前提で考えると、まず、第一の目標価格として前回高値や前回安値が利益確定タイミングになることが分かるかと思います。

その後の相場の動きについては、建てたポジションを少し残して様子をみてみるのもありかもしれません。

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

ソーサートップ・ソーサーボトムのまとめ!

ソーサートップやソーサーボトムは、レンジ相場の中で緩やかに弧を描きトレンドが反転するリバーサルフォーメーションです。

レンジ相場なので、とても穏やかな雰囲気でチャートパターンが形成されているのかすら判断が難しいと思います。

レンジ相場からトレンドが発生する際は、大きな動きを見せるので慎重にトレードをしてくださいね!


基本的なリバーサルフォーメーションのチャートパターンは一通り紹介しました!

 

繰り返し何度も言いますが、これらのチャートパターンは、
「そういう傾向になりやすい!」というだけなので、実際の取引では柔軟に対応してください!

お前の場合は、柔軟に対応しすぎて往復ビンタ食らってるパターンってことだな・・・

 

天井損切りドテン買いクラッシュ!!!!!


※記事中のチャートツールはtradingview.comを活用しています

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

■短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

■初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ
YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

■CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

■中長期トレーダー向きな高スワップ金利のみんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ
みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

■画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使えるIG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

■自動売買のトラリピが魅力的なマネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメなSBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。