ゴールドとNYダウが暴落!含み損がかなり増えててヤバいので真面目にチャート分析

今日は真面目にFXのチャート分析をします。

勝ちたい人だけ見てください。

金(ゴールド)が暴落

今日は8月12日(水曜日)の朝なんですけども、金(ゴールド)が暴落しました。

なんと1日で2070ドル台だった金が1900ドル前半ぐらいまで急落しまして、1日で約100ドル落ち、約5%落ちという急落をしました。

金(ゴールド)が暴落しました

NYダウもかなりの下落

その後に株の方も急落しまして、NYダウは28000ドルを抜けて28150ドルぐらいまでいっていたのが約1日で500ドルぐらい落ちました。

NYダウもかなりの下落

ただNYダウに関して言えば物凄い勢いで上がってたので全然調整の範囲内なんですけども、アゲアゲ相場だったのでこの辺で相場がもしかしたら雰囲気変わってくるかもしれない…

特にFXの方では僕は豪ドル/円の売り及び英ポンド/円の売りで勝負しているのですが、NYダウと連動している説もあっていかんせん豪ドルが全然下がっていない状態なんですけども、もしかしたら勝負の時は今なのかもしれません。

豪ドルの日足チャートから予想

豪ドルの日足チャートを見てみましょう。

以前にも紹介したフラッグ状のチャートを形成してます。

豪ドル/円の日足チャート。全然下がってこない

で、上値76.75円辺りを上に抜けるか、もしくは下の斜めの線を下抜けするか、どちらかに抜けた場合にその方向に大きく飛び出しやすいチャートパターン(三角持ち合い)になってます。

もうまもなくフラッグが終息に近づいてきているのでどっちかに抜けるんじゃないかなと。

一応8月は円高アノマリーということで過去10年で10回中9回が円高方面への下落という結果になってますので、そういった理由もあって僕は今売りで全力勝負してます。

ただ8月に入ってからの豪ドルが結構強いんですよ。

先程も言いましたが豪ドルはNYダウとの関連性があり株が上がってると豪ドルも上がるという習性があるようなんですね。

そしてNYダウが非常に強くて、金融緩和もあって8連騰ぐらいしてましたので、その下支えもあって豪ドルが全然落ちないという状況なんです。

8月の初旬には一旦下落をしたのですが、その後も高騰しちゃいまして、8月は依然として陽線のままな状態なんです。

ここでどっちいくのかな?という状況…

で、僕いま為替でかなりの枚数を入れてて含み損が結構膨らみまくっちゃってて3400万円ぐらいあるんですよ。

もし豪ドル/円がここで上抜けしてくようでしたら損切りします。

これはもう正直…

死ぬ

これ以上持ったら死んでしまうので損切りを考えてます。

ただもし株の下支えがなくなってくるようであれば調整も入ると思います。

200日移動平均線に近づくような形で調整してくると思うので、今が最大の勝負時になってきているのかなと。

とは言っても株は金融緩和されてるせいで強すぎちゃって全然落ちないんで…

なかなか厳しいかもしれません。

豪ドル/米ドル、チャンス到来

さて、豪ドル/米ドルなんですけども、過去ずーっと下落していたのが新型コロナウイルスショックをきっかけに反転して上昇し、この上昇トレンド(下図)にチャネルを作っていたんですがそこをちょっと抜けそうなんですよね。

豪ドル/米ドルの日足チャート

ずっと上がってたんですけど流石に抜けそうで、並行チャネルのラインを抜けてもし明確に下抜けしていくのであれば豪ドル/米ドルの売りで入ってもいいのかなと思ってます。

トレンドラインに戻ってくるのか、もしくは下落していくのか?

あと2、3日様子を見てもしガッツリ下にいくようだったらエントリーしてみたいなと思います。

英ポンド/円はそろそろ下落

同様に今度はみんな大好き英ポンド/円です。

以前にも紹介したんですが、英ポンド/円は月末になると買われる傾向にあります。

過去数ヶ月で見てみると、4月22日に買われ始め、5月18日に買われ始め、6月22日に買われ始めていたという結果になっています。

7月だと20日あたりから買われ始めています。

英ポンド/円の1時間足チャート

ということで月末になると買われるんですが、月が明けると落ちてくる傾向にあるんですよ。

これも遡ってみてみると、5月1日から下落、6月6日から下落、7月9日から下落してます。

そして8月なんですけども、今は12日なのでもしまだこのアノマリーが通じているのであればそろそろ下落なのかなと思います。

なのでここでズルっと落っこちてきたら売りを狙ってもいいのかなと…

もう僕ガンガン売りを入れてるんですけど、ちょっと結構捕まっちゃっててもし逆に行くと死ぬんですけど…w

アノマリーが効いてるようでしたらば、月の初めから半ばにかけて英ポンド売られるアノマリーが成功すれば、売りで利益も出せるのかなと思います。

で、また8月末あたりになったら買い戻しが入ると思うので、売りを利確する、みたいな作戦が有効かなと思います。

英ポンド/円、200日移動平均線抜けて結構上がってきちゃったんですが、前回抜けた時にすぐ戻ってるんですよね。

しかし豪ドルほど強くはないので200日移動平均線を意識してどこまで上に行くのかなっていう感じなんじゃないかなと思ってます。

とはいうものの、長い目で見るとやっぱり上昇傾向が強いので、今は売りで全力で入ってるんですが、下がったところを押し目買いで買いに転じてドテン買いしたいと思います。

下がるかなぁ…

今日明日あたりで方向感が決まってもおかしくないかなと思います。

ただチャートの形がダブルボトムみたいな感じにもなってるのでちょっと怖いんですけども、ここでもし前回の高値139.75円ぐらいを上抜けしていくようだったらこれは損切りですね。

持ってたら確実に死ぬんで…

ここを明確に上抜けしていくようでしたら損切りを考えてます。

英ポンド/米ドルはアノマリー通りなら売りで

同様に英ポンド/米ドルです。

英ポンド/米ドルも基本的には英ポンド/円と変わらないですけども、かなりトレンドラインの上に来てるのでここでもし上抜けしてくようだったらば容赦なく損切りをしないと死にます。

跳ね返って落ちてくるようだったら、例年通りアノマリーとして英ポンド安となっていくようでしたらば、売りで入ってもいいんじゃないかなと思います。

英ポンド/米ドルの1時間足チャート

米ドル/円は一番難しい

そして一番個人的に難しいと思う米ドル/円のチャートです。

米ドル/円なんですが、基本的には下落なんですけども105円から下へいくと強い買いが入ってくる…

しかし今回は新型コロナウイルスショック時の暴落で下落した時程の下落はありませんでした。

米ドル/円の日足チャート

103円台までいかなかったんですよね…

104円台で止まっちゃったんで、僕の103円ショートというう〇こショートがあるんですけど、残念ながら助からずという状態になってます。

で、米ドル/円が結構強くて、並行チャネルラインを割りそうな感じなんですよね。

ここで跳ね返って下に落っこってくれば売りでいいんですけど、もし抜けるようでしたらば買い目線なのかもしれません。

米ドル/円に関して言えば、このところクロス円(英ポンド/円や豪ドル/円)と関連性があまりないと言うか薄くなってます。

昔だったら米ドル/円が上がったら豪ドル/円や英ポンド/円も上がるよっていうわかりやすい動きをしていたんですが、昨今は米ドル/円が上がっても豪ドル/円が下がるよと、英ポンド/円が下がるよという状況…

豪ドル/円が上がってるのに米ドル/円が下がるよっていうあまり相関してない感じか出てます。

米ドルが安全資産として買われてるのかどうかはちょっとよくわからないんですけども、このチャネルを抜けて今は若干上昇気味なのかなという状態です。

米ドルは107円に近づこうとする修正があるのでどっちかに振れても結局戻ってくるんですよね。

2020年入ってからの米ドル/円は上にいっても結局戻ってくるし下にいっても戻ってくる。

一番滞在しているレートは107円…

107円がなんかやたら居心地がいいのかどうかわからないですけどずっと107円をキープしようとする動きあります。

なので現在106.5円ですから、また107円ぐらい付けにいってもおかしくないかなと。

その後にまたどっちか振れてまた戻ってくるみたいなをひたすら繰り返すのかなと思います。

大統領選挙もあるんで結構米ドル/円はまたブレるのかなと思っています。

NYダウ急落の要因

ちなみにNYダウが500ドル落ちしたわけなんですが、その株価急落の要因として、ニュースでアメリカ野党の上院トップが新型コロナウイルスの追加経済対策を巡って非難の応酬を繰り広げる中、マコネル院内総務は政府と民主党が話し合いをしていないと明らかにしたと。

米与野党、コロナ対策巡り非難の応酬 マコネル氏「話し合いなし」

米与野党の上院トップが11日、新型コロナウイルスの追加経済対策を巡って非難の応酬を繰り広げる中、共和党のマコネル院内総務は政府と民主党が話し合いをしていないと明らかにした。

マコネル氏はFOXニュースに対し「私の知る限り、ムニューシン財務長官やメドウズ首席補佐官は今日、ペロシ下院議長ら民主党首脳と話をしていない。交渉は袋小路に入り、また一日が過ぎてしまった。彼らはまとまる必要がある」と訴えた。

朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKCN2572OW.html

ということで、これが原因で急落したって言われてるんですけど、実際のところは多分株価が上がり過ぎていたので調整・材料探しだったんじゃないかなと思います。

これでズルっと落っこっちゃいました。

可能性として、株の下支えが強いと豪ドル上に跳ねちゃうかもしれませんので戦々恐々としてます。

何度も言いますけど高確率で円高になるというアノマリーを頼りに勝負してたので楽観してただけにかなり苦戦してます。

売りをバンバンに入れてるんで含み損ガンガンに増えちゃってこの一週間だけで含み損500万円ぐらい増えてるんですよね。

それが理由でかなり体調が悪いです。

もっとあっさり下がると思っていたんですが意外なほど株が強いせいか為替も強い…

今後どういう結果になっていくかはおっかない状態ですが、また詳しく報告していきますので良かったら引き続き応援よろしくしますね。

※記事中のチャートツールはtradingview.comを活用しています

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ
YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ
みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。