PCEデフレーターとは?アメリカの金融政策の行方がわかる経済指標!


今回は、PCEデフレーターです。よくPCEって言われるヤツですね

アメリカ中央銀行の最高意思決定機関であるFRB(米連邦準備制度理事会)が非常に注目している指標なので、最低限の知識をこの記事を通じて勉強してみてね


DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

経済指標:PCEデフレーターってなに?

PCEデフレーターとは、米国の個人消費者が実際に使った金額にもとづいて集計される個人消費の動向を表したデータです。

FRB(米連邦準備制度理事会)が非常に重視している経済指標であることから、金融政策の行方を占うためには不可欠なデータで、消費者物価指数(CPI)より注目されることが多いです。

物価の動向を見極めるために主要国の中央銀行の多くがCPI(消費者物価指数)やPPI(生産者物価指数)に注目していますが、これらよりも注目されている重要指標がこの“PCE(個人消費支出)デフレーター”という経済指標です。

PCEデフレーターの数値は個人消費支出(Personal Consumption Expenditure)に用いられる品目を対象に算出され、名目PCEを実質PCEで割ることで求められます。
ちなみに個人消費支出(PCE)は米国の個人消費者が実際に使った金額にもとづいて集計されます。

GDP構成比率の約7割を占める個人消費の動向を表していることから、市場参加者の関心が非常に高いデータとして知られているってわけです。

ちなみにPCEデフレーターは米商務省経済分析局が毎月下旬に前月分のデータを公表します。
発表日時は、夏時間の場合は毎月下旬の21時30分、冬時間の場合は毎月下旬の22時30分です。

経済指標:PCEデフレーターが注目されるワケ

アメリカでPCEデフレーターが重要視されているのは、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融政策を決めるときにこの指標を重視しているからです。

FRB(米連邦準備制度理事会)は半期に一度“金融政策報告書”という報告書を米議会に提出することが義務づけられています。

この報告書の中でもインフレの見通しにPCEデフレーターを使用しているため、アメリカの金融政策の行方を予想するには、PCEデフレーターのデータが必要不可欠だと言われています。

総合指数とコア指数の違い

PCEデフレーターにも、すべての品目の動向を示す総合指数と、食料品とエネルギーを除いて算出したコア指数があります。

FRB(米連邦準備制度理事会)が金融政策で重視しているのは総合指数ですが、市場ではコア指数を重視しているようです。

これは、足元の物価動向を見極める上ではブレの少ないコア指数の方が有効とされていることに加え、過去にFRB(米連邦準備制度理事会)がコア指数が2%を超えてきたときに利上げを実施していたという実績があったからです。


まぁ最近では2%とかそういうのはないみたいなんだけどね!
知識として覚えておいて損はないお!


PCEデフレーターとCPI(消費者物価指数)の違いは?

CPI(消費者物価指数)との違いは、調査する対象品目や指数の計算方式、品目ごとの比重の割合などが違ってきます。

PCEデフレーターはCPIに比べて上昇方向へのブレが生じにくい特徴があると言われていますね。

ただし、長い目で推移をたどるとPCEデフレーターとCPIは、大体同じような推移をしているようです。

CPIについては過去記事をご参照下さい。

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

経済指標:PCEデフレーターのまとめ!

PCEデフレーターは、FRB(米連邦準備制度理事会)が重要視している重要指標の1つです!

PCEデフレーターをチェックすると、アメリカの金融政策の未来が見えたり見えなかったりするので見逃し厳禁です!

以下にPCEデフレーターの経済指標発表の発表日と発表時間をまとめました。

【PCEデフレーターの経済指標発表日時】

 

◆経済指標発表日

 

 毎月下旬

 

◆経済指標発表時間

 

 ・夏時間の場合

  21時30分

 

 ・冬時間の場合

  22時30分

 


以前紹介したCPIよりもPCEの方が調査対象範囲も広いから、実際の物価動向をより反映している指標だとされています

 

 

FRBが非常に注目している指標って事ならこれ見てれば楽勝じゃん!勝ったわ!

FRBはこれを見て長期的に金利をどうするか判断するから、キミみたいに短期ポジポジ病のトレーダーが見ても何の役にも立たないと思うよ


おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ
みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ
YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。