テクニカル使いたちよ!ダマシに気をつけろ!


今回は、テクニカル分析でありがちなダマシについて取り上げてみます。
ちなみに僕もよくダマシに遭うのでダマシ被害者の会を設立したいと思います。

そのぐらい頻繁に起きることだから覚えておこうね

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

ダマシとは?

ダマシとは、テクニカル分析において売買サインが出たものの、相場がそのサインとは全く逆方向に動いていく事を指します。

「ブレイクアウトと思ってエントリーしたのに逆行してしまった・・・」
「レンジを抜けたと思ったのにまた、レンジ帯まで戻されてしまった・・・」

テクニカル使いならこういった経験を1度は体験したことがあるかと思います。

為替相場を分析する時は

  • トレンド系テクニカル指標である移動平均線
  • ボリンジャーバンドや、オシレーター系テクニカル指標であるRSIやストキャスティクス

など、様々なテクニカル指標を使って分析していますよね。

基本的にテクニカル指標というのは、過去の価格から未来の価格を予想するために分析した結果を表しているので、確定するまで時間がかかるのは仕方がありません。

そして表示のスパンが長ければ長いほど、“ダマシ”が多くなる傾向にあります。

なぜダマシ起こるのか?

ダマシの理由を複数挙げると

  • ブレイクアウトで十分利益を出したトレーダーが決済することにより逆行
  • ダマシを狙ってエントリーした人が多くいる
  • ブレイクアウトを確認してエントリーしたら逆行し、慌てて損切り

といろいろあります。

ダマシが起こるタイミングは、多くのトレーダーが注目している時間帯が多く、同時に、多くのトレーダーがダマシに引っ掛かってしまう事を示唆しています。

“ダマシが起こる理由=多くのトレーダーが注目している売買のサイン”

と考えられます。

ダマシに気がついたら?

ダマシに気づいたら110番!

ではなく、FXはダマシが頻繁に起こるため、残念ながらその値動きに翻弄されてしまうトレーダーが多いです。

こればっかりはもう仕方ありません。

ダマシは回避できません。

ダマシで終わるのか、本当に勢いのあるトレンドになるのかは誰にも分かりません。特に意味もなくダマシが発生してしまうこともあるので、完全に読みきるのは不可能に近いと考えています。

ダマシを回避する方法よりも、ダマシに遭った後どう立ち回るかを考えましょう。

  • ブレイクアウト1発目は戻ることを前提として、エントリーしない
  • 相関通貨を見て判断する

など、やり方はいろいろあると思います。

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

ダマシは遭うものと割り切ろう!

少しむずかしいと思われたかもしれませんが、ぜひシンプルに考えましょう。

相場に100%はありません。

自分がやれるだけのことをやって上手く立ち回り、本当にダメだと思うとは必ず損切りして資産を守る。これしか手はありません。

上手くトレードで立ち回って、トレーダーとして一緒に成長していきましょう!


うわぁ!チャートに騙されたよお~~!!どうしたらいいんだぁ~!!

 


ダマシの後はどうやって立て直すかがより重要になってくる!
自分のメンタルとも相談しつつ、より良い立ちまわり方法を考えるんだ!


おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

モバイルバージョンを終了