東京五輪が下火でも日本株は上昇する理由がこちら

オリンピックやめろ運動で日本企業の先行きが不安だわ
AA 005 3

それでも日本の株は買う価値あるらしいぞ
AA 005 3

マジかよ!絶賛暴落中の今が実はチャンスなのか?
AA 005 3


今月23日から日本はオリンピックが始まり、世界中から大きな注目を集めることになります。

本来ならばこのような話題は景気を刺激して株価を上昇させると考えられますが、世界的パンデミックが暗い影を落とす今、投資家は日本市場に目を向けるべきなのでしょうか。

イギリスの経済ジャーナリストRosie Murray-West氏が「無観客の五輪は株価を押し上げないものの、割安な日本企業が大成功を収める可能性がある」とする記事を掲載しているので紹介します。

ソース元

Is it time to invest in Japan? The Olympic games with no fans might not give it a boost, but its ‘cheap’ companies could prove a runaway success

https://www.thisismoney.co.uk/money/investing/article-9797869/Investing-Japan-runaway-success.html

https://www.thisismoney.co.uk/money/investing/article-9797869/Investing-Japan-runaway-success.html

五輪が下火でも日本市場には勝利の方程式がある

残念なことに、日本はオリンピック開催による経済の後押しを受けられないかもしれません。新型コロナウイルスによる世界的パンデミックは観光ブームの希望を打ち砕き、日本国内では大会への熱が冷めた状態になっています。

英投資信託会社Atlantis Japan Growth Fundの投資顧問・Taeko Setaishi氏は「オリンピックは国民にまるで人気がなく、イベント関連企業が資金調達するのは困難」と発言。

五輪が利益につながるチャンスはなくなったようにも見えますが、それでも富を増やしたい投資家にとって日本は勝てる市場だと考えられています。


勝利の方程式とか厨二病かよwwwww

でも僕たちそんな言葉が好きッ!!!

今こそ掘り出し物を見つけるチャンスである

日本企業の価値は、投資家が日本政府のパンデミックへの対応を不安視するようになった今年3月まで着実に上昇していました。

しかしワクチン接種は満足いくスピードで行われず、いまだ2回の接種を終えた国民は全体の10%ほどです。結果、日本企業の企業価値の向上は他国と比べて鈍化しました。

しかし「日本企業には掘り出し物が眠っている」と信じる専門家も出てきています。

投資会社FundCalibreのDarius McDermott社長は「2012年12月から今年3月までの日本企業の急速な成長は米国で見られるものに匹敵していた」と指摘。しかしそれ以降は投資家は自信を失い、日本の株式市場は今年1月からわずか4%の上昇に留まっています(英国は8%、米国は18%上昇)。

経済回復まで時間がかかるとしても、日本にはソニー、任天堂、トヨタ、ソフトバンク、朝日など国際的に魅力のあるブランドが多くあり、今にも世界中からの繰延需要の恩恵を受けるでしょう。

英投資信託会社Aberdeen Japan Investment Trustの責任者・Chern-Yeh Kwok氏によれば、中国に関連するテクノロジーや自動車セクターはすでに需要が高まっているとのこと。「日本は特にデジタル化、ロボット工学、電気自動車の分野でチャンスに満ちた市場」と付け加えています。


前にも言ったけど
国内のAI関連投資信託まじ強いもんな
AA 005 3

 

ちなみに国内のAI関連投資信託を買うならSBI証券がオススメだよ
下のバナーから口座開設できるからまだの人は是非やっておこう

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

日本では企業価値向上の障壁が下がり続けている

日本経済には以下3つの特徴があります。

  • 急速に高齢化している
  • 長くファックス機に依存するなど最新技術の採用が遅い
  • バランスシートに巨額の現金を蓄え、無関係の企業が互いの株式を保有するという奇妙な株主構造を持つ

しかしこれらの課題は徐々に解決されているようです。「パンデミックと高齢化により企業はイノベーションを余儀なくされている」と語るのは、投資信託会社JPモルガンのNicholas Weindling氏。

日本の労働慣行や消費文化に変化をもたらそうとする企業への投資はチャンスに恵まれているかもしれない、とも述べています。

実際、安倍内閣はバランスシートに現金を溜め込まないよう改善を進めていましたし、菅義偉首相も経済のデジタル化を政策の中心に据えています。

ただしボラティリティは大きい

日本の高齢化、インターネットの利用拡大、消費者のライフスタイルの変化から恩恵を受ける企業に投資するのは賢いやり方でしょう。

過小評価されている成長企業を見つければ、大きなパフォーマンスが期待できます。

ただし日本企業への投資はボラティリティ(価格変動)が大きくなる可能性があるため、ポートフォリオのごく一部に留めておく必要があります。


景気回復して日本企業すべての株があがるといいなぁ
AA 005 3
バカみたいな夢みてるJINくんかわいい

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。