【2022年3月】トラリピマスターズ第6回終了!史上最高の総推移で高ボラティリティ相場へ!

ん?ボラリティって何・・・?いやタイプミスだから・・・ごめんて・・・(´・ω・`) ※タイトルに誤表記がありましたので修正しました。失礼しました

僕が運用しているFX自動売買のトラリピでユーザ参加型イベントが終了しました。

ロシアによるウクライナ侵攻・円安とインフレで、為替市場も大きく動きました。
そのような状況の中、トラリピガチ勢の運用成績は?どんな運用をしているの?

上位者の成績をぜひ参考にしてくださいね。


トラリピでガチで稼いでる人の設定を参考にしてくださいね
振り返りのレポートは大事ですよ

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

トラリピマスターズ第6回終了!開始以来最高の「獲得総推移」

第6回トラリピマスターズ上位者

第6回トラリピマスターズは、開始以来最高の獲得総推移で多くの人が爆益だっだという結果になりました。

前回の上位者が10万pipsくらいだったのに対して、第6回の1位は27万pipという驚異的な結果。
約3倍近い利益を出しているという結果になりました。

具体的な金額でいうと、27万pipsを米ドル円を1Lotで運用したとすると2700万円の利益を出したということ。
スプレッドや取引数量を考慮しない計算ですので、実際の金額と差異があるのはご了承ください。

獲得総推移は相場の値動きに大きく影響してしまいますから、今回は情勢が大きく動いたことが影響しています。
どんなときでもこれくらい稼げるというわけではありませんからね。


27万・・・一体どんな運用したらこんなに稼げるんだ・・・
上位者のガチトレードを分析してみましょう

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

マスターズで最も稼いだ通貨ペアは?

獲得総推移の通貨ペア比率

ここからはトラリピマスターズの結果レポートを見て、運用者の平均から学んでいきましょう。

第6回期間中に最も稼いだ通貨ペアは、豪ドルNZドル、ユーロ円、カナダドル円の3トップが同じくらいの獲得総推移。

今回の大会期間中は異常なほどの円安相場になったため、クロス円全般の総推移が多い結果となりました。

特に資源国のカナダやオーストラリアは大きく高騰したので、買いで入っていた人は爆益だっと思います。
僕も豪ドル円やカナダドル円などのクロス円全般は、大きく稼げました。

大会期間中に最もリピート回数の多かった設定は?

最もリピートした設定ランキング

大会期間中に最もリピートした設定は、上位は豪ドルNZドルの買い・売りが占めています。

トラリピを運用する人はプラススワップの方向で仕掛ける人が多いので、豪ドルNZドルは売り、ユーロ円は売り、それ以外のクロス円は買いが多い結果になるでしょう。

この大きく円安に動いた相場でも1位を継続している豪ドルNZドルは、本当にトラリピ向きの値動きですね。

リピート回数=獲得総推移というわけではなく、利益確定金額が低ければリピート回数は多いけど総推移は少ないということ。
特に豪ドルNZドルはせま得キャンペーンで利確金額が低めの人が多いのでリピート回数も多い、という見方もできます。

しかしリピート回数は稼げる指標としてはいい情報なので、トラリピの設定に迷ったら結果を参考にしてください。

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

クロス円は超円安相場!「買い」で入ってた人は爆益

大会期間中のカナダドル円の日足チャート

大会期間中のカナダドル円の動きを見てみると、後半は一方的な上昇トレンド過ぎてついていけない人も多かったのではないかと思います。

僕は基本的にはプラススワップの方向で仕掛けているので、売りで捕まることもなく爆益でレンジアウトしました。
ここまで一方的な展開は誰しも予想できませんし、テクニカル分析でもどこまで上昇するか読めませんからね。

何が起こるかわからないFXは常にリスクに備えておかなければならないと、肝に命じておいてくださいね。
ハーフ&ハーフでマイナススワップ方向も仕掛ける戦略もアリだとは思いますが、安易に使用すると今回のような相場では爆損しますからね。

あくまで僕の意見ですが、マイナススワップ方向はなるべく運用しない方が自動売買では安全かなと考えています。


裁量トレードだと爆損してますが、トラリピではレンジ設定を上抜け!
基本的にプラススワップ方向の僕の戦略は正しかったのかなと思います

僕のおすすめの豪ドルNZドルは?

大会期間中の豪ドルNZドルの日足チャート

僕の設定の中でも利益が最も高い豪ドルNZドルは、クロス円の一方的な高騰とは違って上下にレンジするレンジ相場を継続。

僕の設定はプラススワップの売りが主体ですが、レンジ相場の豪ドルNZドルに関しては買いでも仕掛けています。
今回のイベント期間中も売り・買いの両方ともワークして、利益を生んでくれました。

円安相場でも日本円に影響しないドルストレート通貨ペアや、豪ドルNZドルのような通貨ペアはまだレンジ相場の範囲内に収まっています。
これから始める人も円安で始めにくいのではなく、豪ドルNZドルのような通貨ペアを狙ってみましょう。

FX自動売買では確かな成績で運用している

僕のFXトレードも爆損ばかりではありませんよ。

FX自動売買はほったらかしにしていますけど、確かに利益を生んでくれています。
あなたが寝ている時も仕事している時も、自動売買は休まずトレードしてくれるのが、FX自動売買なんです。

確実に勝てるわけではありませんが、豪ドルNZドルをちゃんとした証拠金とトラリピ戦略リストの設定で運用していれば、爆損することは少ないのかと僕は思います。

僕のトラリピの成績は以下の記事を参考にしてみてください。

FX自動売買トラリピ第1四半期の成績を公開!円安が凄すぎてヤバいことになった・・・2022年の歴史的な円安相場で、FX自動売買の成績がヤバい!? 米ドル円は7年ぶりに1ドル=125円まで進んだ円安相場。淡々と運用を続けてきた自動売買の成績はどうか? FXの運用に悩んで…
続きを読む
 jinfxblog.com
FX自動売買トラリピ第1四半期の成績を公開!円安が凄すぎてヤバいことになった・・・

トラリピは基本的にほったらかし
だからこそ通貨ペアと設定にはこだわり抜いてみましょう




カナダドル円も豪ドル円も、設定は全部上抜け
爆益で終われていれば大勝利だよね!




こだわり抜いた設定でほったらかしで勝負できる!これが自動売買の醍醐味なんです!

どんなものにもリスクはあるからさ・・・
いつかレンジ相場も終わるから、油断しないで設定は都度見直そうな


上位者を参考にトラリピを運用してみてね!

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。