【人気】ベトナム株ってどうなの?株価指数で人気の理由と魅力を解説

発展途上国の中で、個人投資家の人気を集めている国があります。

CFDランキングでも上位に入っているベトナム株は、今大きく成長していて人気を集めています。
僕も注目している投資先ですから、ぜひ知って行ってくださいね。


今回は僕も注目している、”ベトナム”について紹介します
経済発展の勢いのある国にも注目してみてくださいね

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ
目次

今人気のベトナム株ってどうなの?CFDランキングの上位に入る株価指数

CFDランキングでも上位に入るベトナム株価指数ETFですが、最近では成長率の高い投資先として個人投資家の間で人気を集めています。

https://jinfxblog.com/archives/30711

ベトナムはまだ新興国にも達していない国の市場で流動性も低いと言われていますが、なぜ人気なのか?

その理由は、まだ時価総額も低い企業の株が多く、これから大きく伸びる市場として注目されているからなんです。

しかしそういった国は当たればすごく伸びるのですが、爆損してしまうリスクも高いですからね・・・

1つの企業の株に投資するのはリスクがあるので、株価指数で投資するのが無難かもしれませんね。
ベトナム株はVN指数という指数でベトナム株全般に投資することができますから、まずはベトナム株価指数を知ってください。

ベトナム株価指数(VN指数)の推移

【2023年1月時点】ベトナム株価指数の値動き

12月のランキングではベトナム株が急上昇して人気の投資先になりましたが、その理由は株価の暴落があったからなんですね。

世界的に景気が不安定の中、大手不動産企業の経営者が逮捕されたり、先行きが不安定な事態が続いています。

流動性の低い国の株はリスク資産ですから、不安なニュースがあれば大きく下落してしまうリスクが高いんですね。
しかし暴落は買い場でもありますから、特に2022年末にかけては投資家の間でベトナム株は人気が急上昇。

焦って買うほどではないと思いますが、直近の株価を見ると上がってきているので、そろそろ買ってもいい時期に来ていると、僕は思います。

ベトナム自体に勢いを感じますから、経済と一緒に株価指数もどんどん上がっていってくれるのではないかと、僕は思います。


僕の戦略も、とにかく”下がったら買い”
暴落は長期的に見ればチャンスになることが多いんですね

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

ベトナムってどんな国なの?人口や平均年齢は?

引用元:Googleマップより

  • 人口:9700万人(2021年時点)
  • 平均年齢:約30歳
  • ムーディーズ国債格付け:Ba2 (日本:A1)

東南アジアのベトナムという国に馴染みがない人が多いと思いますので、ベトナムという国をおさらいしておきましょう。

ベトナムは中国の隣に位置していて、人口は約1億人近い国です。
平均年齢が30歳ととても若く人口も増加傾向にあって、日本の人口を超えるのも時間の問題でしょう。

そして今ベトナムは経済成長の真っ只中にあり、国内でも建設ラッシュが続いてると聞きます。
国全体が発展途上で勢いを感じる国の一つですね。

2022年も8%のGDP成長率

2022年は世界的に景気減速にある中で、ベトナムは高いGDP成長率を維持している勢いのある国といえるでしょう。

2022年のGDP成長率は8.02%、第4四半期は5.92%に減速

ベトナム統計総局は12月29日、2022年の実質GDP成長率(推計値)を前年比8.02%と発表した。2022年初に公表した政府目標6.0~6.5%を達成し、1997年以来となる8%超えで近年最も高い成長率となった

ジェトロ https://www.jetro.go.jp/biznews/2023/01/87ad4ca1c203fc6b.html

日本やアメリカの先進国が2%程度の成長率の中、ベトナムはまだ企業が成長し切っていない割安感のある市場ともいえます。

日本企業も多く進出している国ですから、脱中国の流れで主要な生産拠点になるかもしれません。

今後も大きく成長が期待できるマーケットに、早くから注目してみてください。

ベトナムを一本投資が恐いなら、フロンティア市場ETFがおすすめ

僕もリスナーさんに教えてもらったのですが、新興国にもならない途上国の株価はフロンティア市場と呼ばれてETFでトレードできます。

中でも大きな成長を見せているのがベトナムで、ベトナムの株価指数に注目するのも必然だと思います。
しかし途上国に直接投資するのが恐い人は、フロンティア市場ETFに投資して分散がおすすめです。

僕も実際に買ってみてますし、値動きを見るとレンジ相場なので”下がったら買う”だけ。
この先も続くかはわかりませんが、コロナも利上げにも耐えてレンジ相場ですから、ある程度信ぴょう性はあると思います。

米国株も中国株も不調な時期は、基本に立ち返り世界中に投資先を分散してみることも検討してみてください。
ベトナム株価指数、もしくはフロンティア市場ETFで、ぜひ投資してみてくださいね。


“脱中国”で生産拠点をベトナムに移す企業が増えています
株式市場もまだまだ発展する余地があります




米国株がなかなか伸びなくなってきたので、僕もこれから発展する国に投資しようと思います!
ベトナム株王に、僕はなる!



調べてみたら、高配当株が多いんですよ〜
個別株もいいよね〜

あくまで現物株を少額にしなよ、他でも爆損してるからね


ベトナム株にも注目してみてね!

#PR GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次