【例外に注意】FXの取引時間について!市場ごとの特徴まとめ

トレードスタイルの話の中で、各国の市場の時間帯ごとの特徴をお話ししましたが、結構ざっくりの説明だったので

「記事の中で時間帯ごとの特徴とかイマイチよく分からなかったな…」

という人のご意見にお答えして、今回は取引時間についてより深く説明しようと思います。

前回の記事はこちら

自分に合ったFXのトレードスタイルとは?【スキャル・デイトレ・スイング】

トレードスタイルを決めるだけでなく、無駄なエントリーを避けられるのでコストを抑えるためにも是非読んでいただきたいです。


FXウォリアーに休んでいる暇など無い!
常に24時間チャートに張り付いて戦い続ける事で真のFXトレーダーとなれるのだ!!


市場のチャンスを常に伺うことでmgg・・・


人によってトレードできる時間帯は様々ですよね
そしてその時間帯にはそれぞれの特徴がありますので、この記事がそれを見極めるヒントになれば嬉しいです


#PR DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
目次

FXは平日24時間取引が可能!

まずFXの大きな特徴として、

平日24時間取引をすることが可能です。

FXは世界中のトレーダーたちが同時に取引し、世界各国の外国為替市場が入れ替わりで開いています。

FXには“インターバンク市場”という世界中の銀行による外国為替取引のためのネットワークがあるため、24時間どこでも取引ができるようになっています。

ちなみに日本国内の株式取引では証券取引所が開いている平日の9時から15時の間しか取引ができません。

更に11時30分から12時30分までのお昼休みが存在するため、日中の5時間しか取引ができません。

そして、国内のFX・株に共通している部分ですが、土曜日や日曜日は市場が閉まっているため取引はできません。


まずは平日にしか取引できない事
そして株は時間制限があるけどFXには基本的に制限がほとんど無いこと
これらを踏まえて次の項目を見るとよいぞよ


FXの具体的なオープン時間とクローズ時間

平日24時間取引が自由にできるのが魅力のFXですが、具体的に月曜日の何時から金曜日の何時まで取引ができるのか詳しく説明します。

月曜日の取引開始時間(オープン時間)

証券会社やFX業者によって違いがありますが、

大体午前6時~7時の間から取引が可能になります。

基本的に午前7時から取引可能のところが多いのですが、これから使用する、または使用している口座の証券会社やFX業者で確認してください。

取引終了時間(クローズ時間)

こちらも証券会社やFX業者によって違いがあります。

大体、土曜日の午前6時前後でクローズします。

ですが、各証券会社やFX業者によって異なるのでこちらも使用する口座の証券会社やFX業者で確認してください。

主な会社・業者の取引時間

当ブログで紹介している主な証券会社・FX業者のオープン時間とクローズ時間を表にまとめてみました。

図1:証券会社ごとの取引時間

ちなみに平日早朝に10~30分程度取引できない時間が存在するので、それについてもそれぞれの証券会社やFX業者に確認してください。


業者ごとにオープンとクローズの時間が違うのは要注意だ!
かならずしも全ての業者が同じ時間でオープンするわけじゃないぞ!

 

とは言ってもだいたい同じぐらいの時間に開いて閉じるんだけどね
1時間の誤差を気にするのは僕みたいなスーパーFXトレーダーだけだお


FXができない例外の平日について

このタイトルをみて思わず

「えっ!?平日ならいつでもできるんじゃなかったの!?」

と思った方がたくさんいるかと思います。

もちろん基本は、平日24時間いつでも取引が可能です。

ですが、例外がいくつかありますのでご紹介します。

クリスマス

日本でクリスマスといったら会社や学校がありますよね。

ですが、海外ではクリスマスは休暇の国・地域が多いです。

日本でいうお正月といったところでしょうか。海外ではお正月よりもクリスマスを重要としています。

そのため、ほとんどの市場は閉まっており日本の市場のみ開いているので、証券会社やFX業者によってはその時間帯だけ取引が可能です。

しかし、市場参加者が少ないため流動性が低いので取引するのはあまりおすすめできません。

年末年始

日本では年末年始は休暇に入るため、証券会社やFX業者の取引できる時間帯が大幅に変わることがあります。

また、元日は日本の市場だけでなく海外のすべての市場が閉まっているため取引はできませんので注意が必要です。

その他の祝日

祝日では、土曜日と日曜日と被っていなければ取引が可能です。

日本が平日でも海外が祝日の場合がありますが、その際でも取引は可能です。

ですが、休場の市場が多いと流動性が低くなるので、その都度チェックしてみるといいかもしれません。


画面上で取引ができるFXとは言え、その奥には業者だったり銀行だったりと働いている人がたくさんいるから、休みの日が存在するのは仕方のないことですね
誰もがこいつみたいに24時間好きなことできる環境じゃないですし、そういうものだ、と受け止めておきましょう


祝日は流動性が低くなるので注意!

先ほどの祝日や休場の話に続きますが、市場参加者が少ないと流動性が低くなるのでスプレッドが広くなりやすくなります!

為替に影響する何かが起こると、急騰や急落がありますので祝日や休場が多い日の取引は注意して行ってください。

時間帯によって違う!時間帯ごとの値動きの特徴について

トレードスタイルについての記事でも時間帯の値動きについて少し説明しましたが、市場ごとにもう少し詳しく説明していこうと思います。

まずは世界各国の為替取引が行われる市場ごとにグラフにまとめてみました。

図2:世界各国の為替取引が行われる市場ごとの時間帯(冬時間)

時間帯によって値動きの特徴が違うので、是非参考にしつつ、以下に挙げる点に注意して取引してくださいね。


さて、ここからは具体的な時間帯の特徴についてです。
トレードスタイルを解説した記事でも挙げましたが、更に詳しく見ていきましょう


オセアニア時間(日本時間:6~13時(冬時間の場合))

この時間帯では、ニュージーランドのウェリントン市場やオーストラリアのシドニー市場が主に開いています。

基本的にこの時間帯は市場参加者が少なく、ほとんど値動きがない時間帯なのでスプレッドが開きやすい傾向にあります。

東京時間(日本時間:9~17時)

日本や香港、シンガポールなどのアジア市場が開く時間帯です。主にアジア地域の方々が市場に参加しています。

企業にお勤めされている方なら聞いたことがあるかもしれませんが、5と0のつく日である五十日(ごとうび)は日本企業の決算日であることが多いため、ドルが多く買われる傾向にあります。

仲値が決まる9時55分までは米ドル/日本円の値動きが活発になります。

※ 仲値 … 金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことです。金融機関が毎朝9時55分の為替レートを参考に決定します。

ですが、10時を過ぎると穏やかな値動きになることが多いです。

そのほかに、オセアニアや中国の経済指標が発表されるので、オセアニア通貨は比較的値動きが活発になります。

ロンドン時間(日本時間:17~25時(冬時間の場合))

この時間帯は、欧州の市場が開き市場の参加者が増加します。そのため、一気に値動きが出てきます。

特に、ユーロやポンドなどの欧州通貨が取引されます。

日本時間の19時頃に欧州ではお昼休みに入るので、一旦値動きが落ち着いてきます。

ニューヨーク時間(日本時間:22~翌7時(冬時間の場合))

ニューヨーク市場が開くこの時間帯は、アメリカからの参加者為替の値動きはピークを迎えます。

22時30分にはアメリカの経済指標発表25時にはロンドン市場が終了し、

仲値に相当する“ロンドンフィックス”などがあるので値動きがとても激しい時間帯になります。


最も激しく動くのはニューヨーク時間って事でおけ?

うむ。取引量世界第1位の通貨米ドルが取り扱われているアメリカの市場が最も値動きが激しいのは至極当然のことかもしれんな

 

でもさ、日本時間の9時~17時で普通に働いて帰ってきて、その後にニューヨーク市場が活発になってきてからFX取引をし始めたらもう寝る時間なくなっちゃうお。FXキツすぎん?

そういう環境の人からマジで反感を買うから発言には気をつけような


自分の生活に合わせて得意な時間を見つけよう!

時間帯を気にする必要があるのは、なにも専業トレーダーだけ、というわけではありません。

初めのうちは自分が取引できる時間帯を見つけて、その時間帯の値動きを観察してみてください。

ぞれぞれの特徴を掴むことによって、勝つためのヒントが得られるかもしれません…!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

サーバーが強い安定のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

#PR 外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「GMO外貨」

CFD取引なら「GMOクリック証券」

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「FOREX.com」

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次