米ドル円、驚異的な爆上げ!この上昇トレンドに乗って爆益を狙う!

びっくりするくらいドル高になってしまい、驚いている系FX YouTuber JINです。

米ドル爆上げで1ドル111円台に

今、木曜日のお昼なんですけれど、今朝、米ドル/円がめちゃめちゃ上がっちゃって、1ドル109円台だったのが、一気に111.6円まで上がっちゃって…

ここ2、3年では考えられないくらい久々のドル円の爆上げがきました。

僕はかねてより今年はアメリカ大統領選挙がありますので、ドル高になると何度も言っていましたよね?

ドル高になったんですよ!

ここ最近は僕の予想がほぼ100%的中していて、自分でもびっくりするくらい怖いんですけれど、早くも2月半ばでドル高です。

ドル/円、一気に111円台へ! 約10カ月ぶり円安水準

19日(水曜日)のドル/円は大幅円安。東京時間午後になって110円台に乗せたのですが、いつもとちがってなかなか下がらなかった。海外市場になるとさらに上昇の勢いが増し、NY時間夕方には111.59円をつけて昨年5月以来の水準まで高値を更新しました。値幅も大きく1.77円。2月の1日平均の4倍近く動いているので大相場といえます。

トウシル https://media.rakuten-sec.net/articles/-/25584

とか言いながら口では偉そうに言ったんですけれど、実際はあまり利益を取れていないです。

もうちょっと後、例えば3月か4月くらいに下がったところを押し目で買っていこうと思っていたので、こんなに上がるとは思っていなかったです。

持っているポジションも、ちょっと上がったときにすぐに利確しちゃったので、全然流れに乗れてない…

めちゃくちゃ悔しいです。

ただまぁ、なかなか予想通りにいかないのが相場ですから、今回の上げは大した材料もないのにドカンと上がっちゃってびっくりした人も多いんじゃないんですか?

特に売りで入っている人は阿鼻叫喚というか…悲惨なことになっちゃったかなと思います。

これは読めないのでしょうがないですよね。

「なんでこんなに上がったの?」という話なんですけれど、おそらくは中国のコロナウイルスの件が大分落ち着いてきて、そこを見計らって株とともに上がったのかなという気がするんです。

ですが、いかんせんこのタイミングで上がるとは思わなかった…

全然乗れなかったわ。

日本経済、景気後退入りか

そんな中、日本のGDPが5四半期ぶりマイナスで、景気減速するんじゃないかという事で、非常にネガティブになっています。

消費税を上げちゃったこともあり、今のところは米国株の上昇に乗って株も上がっているので、そんなに絶望する状態ではないんですが、かなり見通しが悪くなっています。

日本経済、景気後退入りか GDP、2期連続マイナスも

2019年10~12月期の実質GDP(国内総生産)は前期比1.6%減と5四半期ぶりにマイナスとなった。2四半期連続のマイナス成長となれば、国際的には「テクニカル・リセッション(技術的な景気後退)」と定義される。

時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021700960&g=eco

一説では「今回のドル高は日本の円が売られているからじゃないか?」という意見もあるんですが、過去の例を見ると、こういう時って逆に円高になっちゃってるんですよ。

説明すると長くなっちゃうのであれなんですけれど、日本って債権国家なので景気が悪いと逆に円が買われて円高株安になります。

今回に限って言えば、GDPの結果があまり良い結果・予測ではないと言われたわりには株が上がっているので「そういうわけではないんじゃないか?」と個人的には思っています。

「1か月で1000万円稼いだ手法」 で大勝負

というわけで今回なんですけれども、この米ドル及び株の急上昇相場に乗っかっていきたいので、先日紹介した「1か月で1000万円稼いだ手法」、チャートを見てトレンドラインを引いて買い場を見つける手法で積極的に狙っていきたいなと思います。

この手法を使って今回はIG証券のノックアウト・オプションを使って大勝負に出たいと思っています。

以前にも動画で何度もとりあげているのですが「ノックアウト・オプションとは何ぞや?」という説明を軽くさせていただきます。

ノックアウト・オプションとは?

ノックアウトオプションはIG証券さんが提供するサービスで、少ない資金で多くのポジションが持てるというものです。

その代わりノックアウト価格なるものを決めなければいけないので、そこが強制損切りのラインになります。

メリットとデメリットがあるんですが、なにより国内の商品なので、税制面では国内税制で済みます。

海外FXでハイレバをかけて爆益だ、みたいなものもあるんですけれど、あれって税金がめちゃくちゃかかるんですよ。海外FXは分離課税なので、所得に応じて税金がめっちゃかかる。

それに万が一負けたときに来年に繰り越せないというデメリットだらけなんです。

IG証券のノックアウトオプションは国内の商品ですので、国内口座だけに税金はほぼ20%。勝ったときに支払う税金はほぼ20%で済むよ、と。圧倒的にそっちのほうが有利なので、僕はIG証券のノックアウトオプションを使って今回は爆益を目指したいと思います。

じゃあ具体的にどこで買いを入れるの?って部分ですが、先日の僕の1000万円稼いだ手法を元に平行チャネルラインを引いたチャートでトレンドラインを出して、買い場を探していきたいと思っています。

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

為替

米ドル/円

ものすごい爆上げしています。

チャネルラインを引いたところ、正直なかなか落ちてこないと思いました。

米ドル / 円の4時間足チャート、チャネルラインを引いた例

ですが、一応センターラインの110.5円で買いを入れてみて、更にもう一段下の109.5円まで落ちてきたらガチ買いを入れたいと思います。

これをノックアウト・オプションで結構強めに入れてみようかと…

万が一このトレンドラインをぶち抜いて下がるようでしたら、それはもう諦めます。

ノックアウトオプションなので、損切りのラインが決まっていますから、お金を入れて耐えるとかはできないので、そこはもう諦めるしかありません。

豪ドル/円

こちらも中国のコロナウイルス騒動のせいで、今年は上がると思っているんですが、買い叩かれてまた買い戻しされています。

なので1豪ドル73円あたりになったら買ってみたいと思います。

豪ドル/ 円の日足チャート。チャネルラインを引いた例

個人的には72円くらいで買いたいんですけれど、当面はそこまでいかないような気もするので、とりあえず73円まで落ちたら買いで勝負しようかと思っています。

株価指数

NYダウ

次はアメリカの株価指数3種類、まずNYダウから紹介します。

株価指数、NYダウの4時間足チャート。チャネルラインを引いた例

こちらは非常に上昇トレンド、爆上げして落ちてこないので、なかなか難しいです。

一応2段構えでいこうかなと思っていて、まず第1段目の買い場は29000ドルで、ここまで落ちてきたら一旦買います。

上昇の幅が凄く高いので、この上昇幅を維持していくというのはちょっと難しいんじゃないかと思うことから、2段構えで考えます。

第2段目はもうちょっと落っこちて28000ドルになったらノックアウト・オプションフルバーストの本気の買いを入れます。

「29000ドルでジャブを打って、28000ドルまで落ちたらマジでガチ買い」でいきます。

NASDAQ

次にNASDAQでNYダウよりも強いです。

株の中で一番勢いがあるんじゃないかというくらい最強のNASDAQ、アメリカのハイテク株です。

株価指数、ナスダックの4時間足チャート。チャネルラインを引いた例

こちらは第1段目として9400ドルになったら買いを狙います。

もしも急落してトレンドラインを割ってきたとしたら、第2段目で9000ドルのときにガチ買いします。

よっぽどのことがない限り、しばらくは上昇トレンドでずっと続くと思っていて、多分、4月か5月くらいまではずっと上がっているんじゃないでしょうか?

S&P500

次はS&P500です。

株価指数、S&P500の4時間足チャート。チャネルラインを引いた例

買い場は第1段目が3300ドルです。

第2段目が3200ドルで、ここまで落ちてきたらガチ買いフルバーストします。

落ちてくるかな~?

そんなに都合よく落ちてくるとは思えないんですけれど、ここまできたら捨て身の買いをしてもいいんじゃないかなと考えています。

状況次第ですけれど「トランプが暗殺された」とかがなければ全然買いじゃないかなと思っています。

日経平均

次は日本株、日経平均株価です。

なんだかんだ言って中国のコロナウイルスが感染拡大しているという事と、かつGDPも悪くて景気減速ということで、安倍政権フルボッコにされている状態なんですよね。

SNSを見ていると「安倍が!安倍が!」、「安倍政権は失敗だった」みたいなひどいツイートをよく見るんですが…

そんな事言っている場合か?w

株価指数、日経平均株価の4時間足チャート。チャネルラインを引いた例

それはともかく、日経平均株価もたしかに上値は非常に重いです。

2万4000円だったものも、はるか遠い昔のことのように下がってしまっています。

それでも日経平均株価自体はかなり安値圏にあることは間違いないので、第1段目は23100円くらいまでいったら買ってみようかと…

第2段目に22000円くらいにまで落ちてきたらガチ買い、これでいきたいと思います。

香港ハンセン指数

次は、香港ハンセン指数です。

中国に隣接していますから、かなり見通しはネガティブです。

デモも散々ありまして、あれも解決したわけではないですから、見通しはやっぱり米国株とかに比べるとかなり難しいです。

ですが、やっぱりめちゃくちゃ安いんですよね。

安値圏にあることは間違いないので、もしも落ちてきたらしっかりと拾っていきたいなと思っています。

株価指数、香港ハンセン指数の4時間足チャート。チャネルラインを引いた例

まず第1段目は27700香港ドルくらいにまで落ちてきたら買います。

第2段目は25000香港ドル、もしも第1弾目が突き抜けていってここまで落ちてきたらガチ買いをしようかなと思っています。

まぁ、なかなか落ちてこないとは思うんですけれど…

それで、第1段目がもしもミスったら、損切りしてもいいかなと思っています。

第1段目で買って、反発しないでズルっと落っこちてきちゃったら、1回損切りして2段構えの下の方でガチ買いをするというトレードでいいかもしれません。

第1段目は弱目に買うかもしれないので、損切りはしないかもしれないです。

とにかく今年は大統領選ということなので、そこはビビらないで買っていきます。

いつもだったら下落しているところを買うというのはかなり勇気のいることですから、結構神経をすり減らすんですけれども…

ビビっていたら投資なんかできないんですよ!

そのときのニュースの内容によっては回避するかもしれませんけれども、基本的にはこれで買っていく…

買い場をしっかりと見つけて、勇気を出して買っていくというスタイルを貫いていきます。

先物取引

原油

そして次は原油です。

原油相場はトレンドが反転したのではないかといわれています。

先物取引、原油の1時間足チャート。チャネルラインを引いた例

1バレル50ドルくらいだったんですが、それが跳ね返ってきたので上昇トレンドに転じたようなチャートの形になっています。

原油に限らずなんですけれど、商品先物は相場のトレンドができると一方通行になりやすいという傾向があります。

日足チャートとかで見てもらえばわかるんですけれど、「上がって下がって上がって下がって」ということを繰り返しているじゃないですか。

原油の日足チャート。上がって、下がって、上がって、下がっての繰り返し。次は上がる?

このように原油相場はトレンドが転換したときにチャンスがありそうなんですよね。

今買えば結構伸びるかもしれないので、下がったところを積極的に買っていきたいと思います。

原油が上がると基本的に株も上がっていくので、かなりポジティブになります。

この間までは中国のコロナウイルスの影響で、輸入量が大幅に減るんじゃないかと予測されていました。

中国は原油を大量に輸入していますから、そんな予測から原油相場がガッと落っこちていたんですけれど、それも一旦歯止めがかかったようです。

上昇に転じていることから、かなり相場の見通しがポジティブに移行しているみたいですね。

米ドルも上がっていますし、市場はポジティブムードに移行しているのではないかな、という気がしています。

なので、原油もここで買っておいたら爆益になるかもしれないので、勇気を出して買いたいと思っています。

押し目を狙っているんですけれど、落ちないから買えないんですよね。

できればもうちょっと落ちたときに買いたいです。

面白い商品を発見

IG証券は、ノックアウト・オプションが素晴らしいだけじゃなく、先物取引の取り扱っている種類が非常に多いことも魅力です。

さて、そんな商品先物で面白いものを1つ見つけました…

コーヒーです。

IG証券で取り扱いをしている「NYコーヒー先物」なんですけれども、今まではすごく下落していたんですが、もの凄く上がった後に、もの凄く下がってきたんです。

ノックアウト・オプションで取引できるNYコーヒー先物取引
日足チャート

チャートを見る限り、原油と同様に下落トレンドから上昇トレンドに変わってきたんじゃないかなという風に見えます。

商品先物は株や為替に比べたら入っている回数も少なくて経験が浅いので商品先物はあまり得意じゃないんですが、面白いかたちをしているので買ってみようかなと思っています。

もし買ったとして、どこまで上がるかはわからないですけれど、前回高値の半値くらいまで上がったら利益確定みたいなことを目指すと結構いい利益が取れるかもしれないです。

IG証券は面白い商品がいっぱい

「コーヒー先物」は国内の証券口座でなかなか扱っているところが無いので、面白いですね。

IG証券さんは取り扱いが非常に豊富で、商品先物に限らず株価指数や為替なんかも、普通の業者が扱っていないものを色々と扱っています。

IG証券、ノックアウト・オプションで取り扱っている為替ペアの一部
IG証券、ノックアウト・オプションで取り扱っている株価指数銘柄の一部
IG証券、ノックアウト・オプションで追加された新規銘柄の一部

今回はコーヒーのチャートが良かったので紹介しましたけれど、今後も何か面白いチャートがあればやっていくかもしれません。

「もしかしてトレンドが変わったんじゃね?」みたいなものを見つけたら積極的に紹介したいと思っています。

もしもそういった情報なんかがありましたら、TwitterのDM、もしくはブログの問い合わせフォームから情報を頂ければ動画・ブログで紹介しますので…

連絡お待ちしています!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ
YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ
みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。