逆イールドで大暴落したNYダウが復活!ぼく、いいましたよね?

こんにちは。逆イールド系FX YouTuberのJINです。

先日お伝えしたとおり、逆イールドカーブ状態になり、ダウ工業株30種平均(NYダウ)が今年最大の暴落を記録したわけですが

今週に入ってから買い戻しされてきましたので、この大暴落には

耐えきった

と宣言してもいいでしょう。

僕、言いましたよね?

株は買い戻されるから大丈夫だと、言いましたよね?大丈夫だったでしょう?

買い戻しが入るだろうと予測していた理由

逆イールドカーブ状態に陥った時の特徴として、この状態の約2年後に景気後退入りするという特徴があります。

いきなり株がスコーンと落ちていくような事は起こらないんです。つまり買い戻されるだろうと読めるわけですね。

予測していたとおり買い戻しで上がったので、なんとか損切りせず耐えきりました。

だから状況を見て、大暴落が起きたとしても直ぐに行動しなければならないほどのケースではなかったんですね。もちろん、そうじゃない状況もあるかもしれませんが、今回は戻る確率が高いと踏んでました。

しかし上がると読んでいたのに勝負できず…

経済系メディアやニュース見ていると、逆イールド逆イールドって凄い言ってましたよね。
そんな怖いニュースばっかり報道するから

ビビって買えなかったよ!

ちなみにある程度は利益を出しました。約100万円ぐらいは利益確定できたかと思います。

しかし含み損は約500万円ぐらいの回復をしてくれたってことは、そのぐらいの余地があったはずなのに、100万円ほどしか儲けられなかったわ…

なんだか逆イールド詐欺にあった気分です

やられたわーひどいわー

ただ下がってる時に買うってのはやっぱり難しいですよ。まだ下がるかもしれないという恐怖に打ち勝つ勇気を持つのは非常に難しいです。損切りしたくなってくるもん…

最近の主なニュース

それでは最近のニュースを振り返ってみましょう。

アメリカの追加利下げに対する要人の発言まとめ

ジャクソンホール会議が開催されますね。どの様な発言をされるか注目される中で、トランプちゃんが早速圧力をかけてきました。
なんでも、利下げを実施すれば米経済は史上最高の成長をする可能性がある!と主張したそうです。

米追加利下げなら「史上最高の経済成長」、トランプ氏が再び圧力

トランプ米大統領は22日、米経済は堅調に推移しており、米連邦準備理事会(FRB)が追加利下げを実施すれば、米経済成長は史上最高となる可能性があると主張した。しかし、この日発表された米経済指標は強弱混合の内容だった。
トランプ大統領はツイッターへの投稿で「米経済は非常に順調だ。FRBは容易に、過去最高の成績を打ち立てることができるはずだ」と述べた。

ロイター https://jp.reuters.com/article/usa-economy-trump-idJPKCN1VC224

というわけでしつこいぐらいにアピールしていますね。利下げしろおおお!!って。

しかしこれに対してアメリカ地区連銀総裁達はこの利下げに相次いで反対しています。

米地区連銀総裁、追加利下げに相次ぎ反対表明-来月FOMCで激論も

カンザスシティー連銀のジョージ総裁はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「現在の米経済の状況を見ると、まだ機は熟していない。今後の景気減速を示唆する見通しがない限り、さらなる緩和を経済に提供する心構えが私にはない」と述べた。

フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は22日のCNBCとのインタビューで、7月のFOMCでの利下げは「いくらか不承不承に」支持したとし、しばらくは現状維持が望ましいとの考えを示した。

ハーカー氏は「現時点ではおおむね中立の状況だ。当面は現状を維持し、状況がどのように展開するか見極めるべきだと考えている」と述べた。

ボストン連銀のローゼングレン総裁も19日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、追加利下げに反対を表明していた。

Bloomberg https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-22/PWMFO26K50XS01

基本的に金利というものは経済を安定させるために緩やかに変更していくもので、そんなにガチャガチャ変えるものではありません。

各連銀の総裁たちもFRBのパウエル議長も急激に利下げをすると経済に悪影響になる可能性があると考えているため、追加利下げには反対の表明を出し、利下げには慎重になるべきだと考えているようです。

しかしトランプ大統領が中国との貿易摩擦を悪化させて無理矢理景気を悪くさせ、更に利下げをさせようとする動きを見せています。

このパワープレイによってかなりの混乱を招いている事は知ってのとおりです。

逆イールドカーブが発生しちゃってるやんけ!!勘弁してよトランプちゃん!

アメリカ経済にも打撃か?景気指数の速報値が悪かった

米中貿易戦争や世界景気減速懸念などがあるなか、アメリカの経済にも影響が出てきたかもしれないニュースが報じられました。

アメリカの製造業購買担当者景気指数(PMI)の速報値が50を割れ、10年ぶりに拡大と悪化の分かれ目となる50を割り込んだそうです。

米製造業PMI、8月は10年ぶり50割れ 景気後退懸念強まる恐れ

マークイットが22日発表した8月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は、世界経済の減速や米中貿易摩擦の激化による影響が懸念される中、49.9と7月の50.4から低下し、2009年9月以来約10年ぶりに拡大と悪化の分かれ目となる50を割り込んだ。指数が心理的な節目を下回ったことで景気後退(リセッション)懸念が一層強まりそうだ。

ロイター  https://jp.reuters.com/article/us-aug-pmi-idJPKCN1VC21R

アメリカ経済は底堅いと言われてきた中で、このニュースは怖いですね。

貿易戦争してる場合じゃなくね?

こんな状況ですので、利下げはたとえ行われたとしても0.25%に留まるでしょう。
ここで大量利下げをするっていう風には到底思えないです。

ここで考えられる流れとしては

1.パウエル議長が利下げに対してあまり前向きではない、といった旨の発言
2.トランプ大統領が激怒してツイート連発!
3.経済を悪化させるためにまたなんか無茶な事を言う

って感じですかね。もうトランプちゃんの発言が想像できてしまう…頼むからおとなしくしててくれ…

トランプ大統領、子供みたいな理由でデンマーク公式訪問を中止

トランプ大統領がデンマーク首相の「不快な」発言を受けて公式訪問を中止しました。

理由は、グリーンランド購入に対しての意欲を見せたトランプ大統領に対してデンマークのフレデリクセン首相が「その意欲は馬鹿げている」と発言。

こうした発言に対し、トランプ大統領は「不適切」だと指摘。「極めて不快で皮肉っぽい形で語られた」として公式訪問を中止したそうです。

トランプ大統領:デンマーク首相の「不快な」発言で公式訪問中止した

トランプ米大統領はデンマーク訪問を中止したのは、グリーンランド購入に関心を示したことへの同国首相の「不快な」発言を受けた対応だと説明した。
トランプ大統領は21日に記者団に対し、デンマークのフレデリクセン首相が大統領のグリーンランド購入意欲はばかげていると発言したことを「不適切」だと指摘。「彼らがばかげていると言った際、極めて不快で皮肉っぽい形で語られた。それで私は『またの機会にしよう』と話した」と述べた。
さらに大統領は、首相は「米国と話している。少なくとも私の下では、米国とそのように話すものではない」と述べ、「首相は『関心は持てないだろう』と言うだけでよかったのだ」と付け加えた。

Bloomberg https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-21/PWLUBNT1UM0W01

子供か!!!w

今後の動き、戦略

ダウ工業株30種平均(NYダウ)のチャートを見てみると、ダブルボトムを形成して上昇トレンドに転じるであろう形を描いています。

なので今はめちゃめちゃ買いです!

今抱えてる含み損さえ無ければめちゃくちゃ買いたい…今ここで買ってしまいたい…!!!

ただ、今晩行われる経済シンポジウム後の発言が怖いので、買おうと思っても買えないんですけどね…

しかしここさえ乗り切れば、NYダウはまた最高値を目指して上昇していくことでしょう。

さらに各国首脳会合(G7)がフランスのビアリッツで8月24日~26日で開催予定です。
これによる期待上げが入るのではないかなと思っています。

実際に首脳が会って会談すると和やかな雰囲気で終わると思うんですよね。G20の穏やかさが記憶に新しいです。

トランプちゃんは口だけ番長なので、実際に会ってしまえばコロッと良いヤツ認定してポジティブな影響を及ぼすと思います。

だから今夜…今夜のシンポジウムさえ乗り切ってしまえば…

株は爆上げモード間違いなし!

ここを乗り切ればガチ勝負に出るかもしれない…!!!

かもしれない…!!!

やるかどうかはわかりません!!!

そのぐらい買い場なんですよいま!!!

為替の含み損さえ無ければ…余力を…余力をください…

為替の動きについて

そんな大量の含み損を抱えている為替ですが、どんな動きをしたか見ていきましょう。 

英ポンド円爆上げ。130円台に

そんな為替ですが、イギリスのEU離脱問題を巡って、イギリスが強硬離脱するという懸念が和らいだという事から、英ポンド円が130円台を飛び抜けていきました。

おれ、売り入れてるんスよ

127円付近で入れた売りが、物凄い踏み上げられてしまいました。

含み損-200万円とか、大事故やんけ…どうすんねんこれ…

更にユーロポンドも買ってたんですが、こちらも激しく下落して-120万円の下落…

なんでこんなことしたの!?!?って声が聞こえてきそうなので説明しておきますが

8月はバケーションシーズンということもあり例年薄商いになります。すると円高になりやすいんです。これはアノマリーの一種でもあります。

昨年もそうでしたが、ヘッジファンドが大量に売りを入れてクラッシュさせに来るだろうと思っていたんですよ。

実際8月は結構な下落を見せていたので、さらなる暴落を来ると予測してクラッシュに備えて耐えようと思って売りを入れておいたんです。

実際に下落は来ました。為替じゃなくて株で。

しかしポンドはドイツのメルケル首相がEU離脱に対してポジティブな発言をした影響で爆上がり。

歴史的な安値圏で売りを掴んでしまった…なんということだ…どうやって処理しよう…

長期で見ればまだまだ下落トレンド

この売りをどうやって処理しよう…と考えた時にチャートを見たところ、まだまだトレンドは転換していないのかなと感じます。

具体的な数字でいうと、132円を上回らない限りはまだまだ下目線で良いのかなと思います。

だから…まだ損切りはここじゃない…!!!

もしこれで予想とは逆方向に行ったら泣きながら切るしか無いんだけど。

とか言いながら先日の大暴落の時に両建てして損失を防いだ状態が続いているので、損しているわけではないんですけどね。

ただやりすぎちゃうと僕みたいに両方で含み損抱えてひぃひぃ言う事になります。両建ては慎重に…

損切りも考えたんですが、安易に損切りしすぎると損切り貧乏になってしまうので、状況を見てまだ切るべきじゃないと思い切らなかったんですよ。

結果、このザマ

為替はダメだ…もう株で勝負しよう…含み損-2400万円はきつすぎるだろ…

為替はチビチビやっていきます。

なんにせよ、今夜の経済シンポジウム、ジャクソンホール会議とその後のトランプちゃんとかパウエルちゃんの発言に注目しつつ、そこを乗り切ればきっと未来は明るいはずです。

逆イールド状態も今後のことを踏まえて経済を良くしていければ、景気後退は回避できるはずですよ。焦る必要は無い!!

そもそもみんなで経済良くしていくべきでしょ!?
景気悪くなりそうなんだからなんとかしようって立ち上がろうよ!!

まぁそんな僕は1年後ぐらいには株を全部手放して逃げるつもりなんですけどね。

逆イールド発生からのリーマン・ショック級の下落がいつ来るかわからないんだもん。そりゃ大量に保有していないほうが良いでしょうが。危なすぎる。勝負する気も起きないわ。

そうして全部ポジションを整理できたら、引退しま…引退し…

いや、投資やってるだろうな多分

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「FOREX.com

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。