大暴落が来たけど、ビビらないでリスクと戦う勇気を出せ!

こんにちは。暴落は乗り切ったけど、ここからどうなるかわからないよ系FX YouTuberのJINです。

週明け早々、クラッシュが来ました。

為替の大暴落が発生しましたね。ドル円は一時106円半ばから104円半ばまで下落という、2円強の急落を見せました。

前回の記事にも書きましたが、先週末、トランプ大統領が中国の報復にブチギレして究極の報復なるものを発動するとした件が影響していると見られています。

視聴者の皆様からたくさんのご心配を頂きました。

「JINさん大丈夫ですか!?」
「大暴落きましたけど、生きてます?」

大丈夫です。生きてます。心配ありがとう!

この程度の暴落、数々の暴落を食らってきた僕にとってみれば想定内です。

まぁ大丈夫かと言われたら大丈夫じゃないんですけどね。

そんな先週からネガティブな相場に対して様々なニュースが飛び込んできています。早速見ていきましょう。

トランプ大統領、米中の通商交渉再開を表明するも…

アメリカのトランプ大統領は26日、中国から通商交渉再開に向けた申し入れがあったことを明らかにしたうえで、通商協議を再開する方針を表明しました。

このニュースにより為替・株が急回復。米ドル円は一時106円を抜ける上昇を見せました。
株においてもダウ工業株30種平均(NYダウ)が急回復し、週明けからの暴落を戻す勢いでの上昇となりました。

あ~!よかった!これで回復の方向に向かうぞ~!!と思っていた矢先に、中国側が

中国「いや、電話協議はしてない。そんな情報聞いてない」

とし、中国商務省も特に声明を発表しませんでした。

トランプ米大統領、中国との通商交渉再開を表明 合意に期待

トランプ米大統領は26日、中国から通商交渉再開に向けた申し入れがあったことを明らかにした上で、通商協議を再開する方針を表明、合意の実現に期待感を示した。

一方、中国外務省の報道官は、米中が電話協議を行ったという情報は聞いていないとした。中国商務省も何ら声明を発表していない。

ロイター https://jp.reuters.com/article/china-us-trade-idJPKCN1VG0JA

下がって、上がって、また下がって…

なにそれ!?w

トランプ大統領は多くは言及せず、ムニューシン米財務長官は連絡は取っているとしつつも誰が実際に連絡を取っているのかについては言及しませんでした。

こうなってしまった以上、現時点では本当に電話があったのかどうかわからなくなってしまって、なんとも胡散臭い話に…。

本当に電話来たのコレ!?w

どちらかが本当の事を言っていて、どちらかが嘘をついてる事になるぞ…?

人狼ゲームじゃん。いい加減にしてよ!

このニュースで先行き不透明になってしまいましたが、余力ギリギリで危ないところでしたが損切りなどは特にせず、

なんとかこの暴落は乗り切りました。

しかしトランプ大統領のやり口としては、利下げが実行されないから中国との関係を悪化させて経済を悪くさせてる、っていう風にしか見えません。少なくとも僕にはそう見える。

だからこそ今回の通商協議再開もプロレス劇場のうちの一つだろうと考えます。ここはトランプちゃんを信じて損切りしないで突き進むしかない。

来年の大統領選に向けて株価爆上げをきっとやってくれるだろうと信じて、損切りはしません。

ここでビビって逃げてるようじゃ、投資は勝てねぇ

先進7カ国首脳会議(G7)で日本が尻拭い

先日、G7が行われました。25日には日米首脳会談も行われましたが、そこで日本が米中摩擦の影響で余ったとうもろこしを肩代わりする約束をしたそうです。

米中貿易摩擦でアメリカと中国がお互いの輸入品に関税を掛け合ったせいで余ってしまった農作物、余剰トウモロコシは、中国が買うと宣言していたはずのもの。これを中国が買わなかったせいで大量に余ってしまったそうです。

トランプ大統領の来年の大統領選に向けた農家の支持率にも影響を及ぼすと考えたと見られており、日本がそれに助け舟を出した格好となった印象です。

米中摩擦で余ったトウモロコシ、日本が“肩代わり“。トランプ大統領「日本は民間が政府の言うことを聞く」

フランス南部ビアリッツで開かれている先進7カ国首脳会議(G7)に合わせて8月25日に実施された日米首脳会談で、日本がアメリカの余剰トウモロコシを購入することで一致した。

会談では、トランプ大統領が「日本では民間セクターが政府の言うことを聞くんだ」とし、米中貿易摩擦で輸出できなくなったトウモロコシを、日本が肩代わりする格好が鮮明となった。

ハフポスト https://www.huffingtonpost.jp/entry/corn-import_jp_5d6323cfe4b0b59d2576b756

中国が買う予定だったトウモロコシ、日本が全部買うの!?w うそーんw

ちなみにこのトウモロコシというのは食用として出回っているあのトウモロコシではなく、家畜のエサとして利用されるトウモロコシの事です。

中国と日本の領土はかなりの差がありますが、そんなに大量に購入して本当に大丈夫なんだろうか?という心配ばかりしてしまいます。

トランプ大統領にキレた人が登場

様々なトランプ劇場で市場を荒らしてきたトランプ大統領に異を唱える人が 、ついに現れました。

僕は!!!前から異を唱えてましたけど!!!!
アンタのせいで負けまくってますけど!!!!今年負けてるのもアンタのせいだよ!!!!どーしてくれんだよ!!!!

投資は自己責任ですね。知ってます><

こんな不満はもちろん僕だけに留まるわけがありません。

ニューヨーク連邦準備銀行の前総裁ダドリー氏はトランプ大統領が仕掛けた中国との「破滅的な貿易政策」について批判。この米中貿易摩擦を「作り出された災害」とまで非難するほどです。

ダドリー氏は「利下げを拒否することで大統領選での再選を阻止できる!FRB!パウエルちゃん!頑張れ!利下げは逆効果だよ!」と訴えました。

ダドリー前NY連銀総裁、トランプ氏再選阻止へ行動を=FRBに利下げ拒否訴え

ダドリー前ニューヨーク連邦準備銀行総裁は、トランプ氏が仕掛けた中国との「破滅的な貿易政策」を批判。追加利下げを拒否し、政権の過ちを明らかにすることで、FRBは2020年の大統領選で再選を阻めると強く訴えた。
ダドリー氏は27日、米ブルームバーグ通信への寄稿で、米中貿易摩擦は「つくり出された災害」と明言した。景気悪化を回避する追加利下げはトランプ氏の対中強硬姿勢を助長させ、逆効果だと憂慮。利下げ要求をはねつけるべきだとした。

時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082800278&g=int

もう言ってやってくださいよ!!いいかげんにしろって!!!

ヤツのせいで世界の投資家がみんなやられてるわ><
個人投資家がみんな死んどるわ><
どんだけロスカットされた人が居ると思ってるんだよ><

喧嘩してても、世界景気が悪化して逆イールド状態になって為替・株が下落して良いことなさすぎ。

早く解決してください。含み損がもっと増えて死んじゃう!!

トランプ大統領、イラン大統領との会談に前向き

現在関係が悪化しているアメリカとイランですが、トランプ大統領はG7の記者会見にてイランのハッサン・ロウハニ大統領との会談に前向きな考えを示しました。

核合意や石油利権などでお重めしている両国ですが、この問題が解決すれば世界景気は良くなるとして、市場はポジティブニュースと捉えて期待が高まっています。

トランプ氏、イラン大統領との会談に前向き サミット会見で表明

アメリカのドナルド・トランプ大統領は26日、フランス・ビアリッツで開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)の記者会見で、イランのハッサン・ロウハニ大統領との会談に前向きな考えを表明した。
3日間の日程で開催されていたサミットはこの日、最終日を迎えた。トランプ氏は議長国フランスのエマニュエル・マクロン大統領と共同会見に臨んだ。
アメリカは昨年、2015年に成立したイラン核合意を離脱し、経済制裁を再開。以来、両国の関係は悪化している。

BBCニュース https://www.bbc.com/japanese/49479380

これはそう簡単には行かなさそうですね。

両国の大統領は我が強いので、お互いに会談して事がスムーズに運ぶとは思えません。きっとそんな簡単じゃないでしょう。

ついこの間まで戦争するかしないか!?みたいな一触即発の空気感を感じさせていた両国の関係なので、簡単ではないと思いますが、もし!上手くいくようなことがあればかなりポジティブに働くだろうと思います。

薄商い期間の暴落がやっぱり来ましたね

夏休みも終わりに近づいていますが、この最後の週でやはり暴落が来ましたね。きっと狙われて暴落するだろうと予見していましたが、ズバリです。

僕言いましたよね?

英ポンド予想だったのが、米ドル円だったけどな!!!

ちくしょ~、読みは外れてしまった…暴落は来たには来たから間違ってはいなかったのに…

トルコリラがもの凄い下ヒゲを付けてます

様々な為替・株が暴落している中、トルコリラが異常な下落を見せました。窓開けにロング勢を焼き尽くさんばかりの勢いで急落、そして復帰。

こちらはトルコリラ円の1時間チャートです。

じわじわと下がっていたのですが、窓開け直後に18円付近から16円前半まで急降下!

ロスカットを食らった人も居たのではないかなと思います。朝っぱらからとんでもない下落だ。

為替は恐ろしい…FXをやっているとこうやって狩り殺しにくる人がいるんですよ。個人投資家がマトモに戦おうとすると大ダメージを受ける可能性が非常に高いですね。

かねてから言っていますが、こういった暴落が来たときには飛び乗ったりはせずに、なるべく耐えられるような余裕を持った投資で行いましょう。

○○円までなら耐えられる、という設定をしっかり考えて、ギリギリの投資はしないように心がけるのが良いです。ヘッジファンドの養分にならないよう気をつけましょう。

こんな偉そうなアドバイスをしていますが僕はギリギリ勝負をしていたら-5000万円の損を抱えて泡吹いてました。

おまけニュース

僕が為替でよく使っているトレイダーズ証券のみんなのFXさんですが、ポンド大還元キャンペーンなるものを開始したそうです。

キャンペーン内容ですが、

  • ポンド円のスプレッド縮小!0.9銭から0.8銭に!
  • ポンド米ドルのスプレッド縮小!0.8pipsから0.7pipsに!
  • ユーロポンドのスプレッド縮小!0.9pipsから0.8pipsに!
  • 取引高に応じてキャッシュバック!

と言った内容です。キャッシュバックは50~100ロットの取引量は1000円のキャッシュバック。

5000ロット以上の取引量だとなんと10万円ものキャッシュバックが貰えるそうです!

※シストレ口座やオプション口座での取引はカウントされないそうです。ご注意ください。

期間は2019年8月26日(月)~2019年10月31日(木)となります。

5000ロットは億トレーダークラスの取引量かなと思うんですけど、実際僕の取引を計算してみたところ、1日70万通貨ほどの取引をちょこちょこやっていることに気が付きました。

これであれば10月末までなら10万円獲得、いけるんじゃないか!?と思ったりしてます。

相場次第で取引量は変わるのでずっと同じ取引量は保てないと思いますが、無理のない範囲でキャッシュバックチャレンジをしてみたいと思います。

キャッシュバックを目当てに無茶なトレードはしないようにね!特にオレ!

さて、いくらまでキャッシュバックしてもらえるか、楽しみですね。

とにかく、見極めながら投資する

厳しい相場が続いていますが、ここでビビっていては勝てるものも勝てません。

とはいえ、無理に勝ちに行こうとすると余計に負けてしまうので、無茶なトレードもしません。

冷静に状況とチャートを見つつ、急落した場合は売られ過ぎゾーンに来た時に買って、そのまま上がるまで待つという作戦でいきます。

米中貿易戦争の協議を再開すると表明したトランプちゃん…早期決着させたいというその思いを、僕は信じています。

信じてるよトランプちゃん!!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。