株の爆上げが止まらない!このビッグウェーブに乗り遅れるな!!

大逆転系FX YouTuberのJINです。

いや~!めでたいですね!株が爆上げですよ!

日経平均株価は7日連続で上昇、ダウ工業株30種平均(NYダウ)も6日連続で上昇するという

大激伸!

株は楽でいいね!下がったところを買えば儲かる!為替よりもよっぽどやりやすいよ!

そういえば前回、またトランプが暴れ始めたら怖いから株、怖くて買えない!様子見るわ!とか言ってましたけど…

【投資報告】-3800万円!株が凄い上がりそうだけど怖くて買えない!トランプ大統領暴れそう!

すまん、アレはウソだ。バリバリ株買ってるわ

もう爆益よぉ!

おかげさまで先月までは株の含み損が-1300万円と、かなり多かったんですが

含み損が-300万円台になりました

まさかの1000万円の含み損回復!!!株価指数完全に勝ったわ!!!

為替では未だに酷い含み損を抱えていますが、生涯収支がプラ転しそうな勢いなのでこのままコツコツ稼いで今年のプラスも目指していきます。希望の光が見えてきた!

目次

米中、通商協議を前に譲歩の姿勢を見せ始める

さて、この爆上げの背景にはやはり世界で注目度が一番高いと言っても良いこの米中貿易戦争があります。
この二国間の協議においてネガティブムードが多かったのですが、ここに来て両国が譲歩の姿勢を見せ始めました。

まず中国は米国製品を追加関税対象から除外すると発表。これを米国は歓迎したのか、その後トランプ大統領が10月1日に予定していた関税の引き上げを延期したとTwitterで明らかに。

10月1日は中国の国慶節という記念日ということもあり、米国が配慮したとも捉えられます。

米中、通商協議を前に譲歩 中国は追加関税を一部免除・米は延期

トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで記者団に対し、中国が一部の米国製品を追加関税対象から除外すると発表したことについて「大きな動き」であり、米中通商協議を前にした「良いしぐさ」として歓迎する意向を示した。
トランプ氏はその後、米政府が10月1日に予定していた一部中国製品への関税引き上げを10月15日に延期したと、ツイッターで明らかにした。

ロイター https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-trump-idJPKCN1VW2MV

あんなにバチバチにやりあっていた米中ですが、徐々に仲良くなりつつあり、米中貿易協議の進展期待から

為替・株と共に爆上げ

という結果になりました。

9月に入ってからというもの、市場はリスクオン(リスクを取って為替・株を買っていこうぜ!という姿勢)ムードが漂い、ポジティブになってきています。

為替も円安方面に傾きつつあります。先月までのネガティブムードは一体何だったの!?逆イールド発生とか何だったの!?と詐欺にあったような気分です。

なーにが逆イールドカーブだ!ただの押し目買いのチャンスじゃねーかよ!

あの時買っておけば今頃億トレーダーだったわ~~~(たられば)

トランプ大統領、ボルトン補佐官を解任

さらに、トランプ大統領がバリバリの武闘派(タカ派)で知られるジョン・ボルトン大統領補佐官を解任しました。

ボルトン氏は北朝鮮やイランとの外交で強硬路線を提唱している人物で、そろそろ仲良しムードで進めていきたいトランプ大統領の外交方針とぶつかりあったせいではないかと見られています。

トランプ氏、ボルトン大統領補佐官を「解任」

トランプ米大統領は10日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を同日付で解任したとツイッターで発表した。ただ、ボルトン氏は「自らの意思で辞任した」と主張。ボルトン氏は北朝鮮やイランの核問題での強硬路線を提唱しており、トランプ氏が自身の外交方針を一層強力に打ち出し、両国への圧力が弱まる可能性もある。

産経ニュース https://www.sankei.com/world/news/190911/wor1909110016-n1.html

ボルトンちゃん本人は自分から辞めたと主張していますが、トランプちゃんとの方針の食い違いでクビにしたことは間違いないでしょう。たぶん。
さようならジョン・ボルトン。

対イランへの制裁緩和の可能性を示唆

武闘派のジョン・ボルトン氏を解任した理由を裏付けるかのようなニュースですが、トランプ大統領が対イラン制裁緩和の可能性を示唆しました。

記者団からイランに対する最大圧力を緩める可能性を問われた時に「どうなるか見守ろう」と応じ、緩和の余地がある事を匂わせました。

トランプ米大統領、対イラン制裁緩和の可能性示唆

トランプ米大統領は11日、対イラン制裁を緩和する可能性を示唆した。また、イラン政府が核問題を巡り米国と合意することを望んでいると述べた。
米国がイランに対する「最大圧力」を緩める可能性はあるかとの記者団からの質問に対し、トランプ大統領は「どうなるか見守ろう」と応じた。

ロイター https://jp.reuters.com/article/usa-iran-idJPL3N2623DB?feedType=RSS&feedName=marketsNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPMarketNews+%28News+%2F+JP+%2F+Market+News%29

珍しく優しいじゃんトランプちゃん!

おそらく次期大統領選挙にむけて株を上げておかなければならないと考えたトランプ大統領は、このあたりで仲良し外交をして年末に向けて株を回復させようと目論んでいるのでしょう。じゃないと後から色々言われちゃうからね。
まぁ確証はないのですが、妙に優しいところが気になりますね。

ちなみに解任されたジョン・ボルトン氏はこの対イラン制裁緩和について猛反対しているそうです。

やはりこの辺りの話の折り合いがつかずにぶつかってクビにされたんだろうという気がします。

以上のポジティブニュースなどから株は上昇。為替も円安方面に傾きました。いや~助かった~…。

8月の為替・株の暴落は一体何だったんだ?

完全に罠だったわ。

いずれにしても助かりました。米株のポジションはほぼ利確してちょびっとしか残していません。

アノマリー的にはここで買い?

ここでアノマリーのおさらいをしましょう。以前動画で説明した「セルインメイ」について改めて見てみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次