その国の経済成長率が分かるGDPとは?

オレ的重要経済指標ランキングの詳細紹介シリーズ第3段!

今回は以前紹介した経済指標一覧の中から、オレ的重要度⭐️4の指標についてです。


今回は、景気に関する指標GDPについてだ!

以前紹介した分も含めて見てくれよな!


GDPとは?

GDPとは『Gross(合計)Domestic(国内)Product(生産)』の頭文字をとった略語で、日本語で「国内総生産」と言われており、国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を表わす指標になります。

GDPは、ほとんどの国や地域で発表されています。

GDPは、市場で取引されたものを対象としているため、家事労働やボランティアなどは含まれません。また、国内市場での取引が対象となっていることから、国内企業による海外の取引・生産・サービスなども含まれません。


GDPをスーパー簡単に説明すると、一つの国の国内で生み出された「儲け」の合計って事だお。


二種類あるGDP

GDPには「名目GDP」と「実質GDP」があります。

普段、経済指標として市場が注目したり、ニュースなどで取り上げられたりするのは「実質GDP」のほうです。

何故、実質GDPの方が注目を集めているかと言うと、実質GDPは名目GDPから物価変動の影響を除いたものになるので、実質的な経済成長率を示しているからです。

  • 名目GDP
    名目GDPとは、国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を表したもの。その年に生産された財やサービスについて、それぞれの付加価値を足し合わせて算出されています。
  • 実質GDP
    実質GDPとは、国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を表わす数値ですが、物価変動の影響を取り除いて、その年に生産されたモノやサービスの「本当の価値」を算出したものです。言い換えれば、名目GDPから「物価変動の影響」を除いたのが実質GDPです。

例えば、ある年に、100円のジュースを10本販売したとします。
この場合のこの年のGDPは、100円×10本=1,000円となります。
では、翌年に、ジュースの値段を100円から110円に値上げして10本販売したらどうなるでしょうか?
名目GDPは、110円×10本=1,100円と算出しますが、実質GDPの計算では10円の値上げ分は考慮されないので、実質GDPは昨年と同じく1,000円となります。
この場合、取引の拡大(1,000円→1,100円)は物価上昇によるものであり、販売数量が増えたわけではありません。

つまり、名目GDPは物価変動の影響を受けるため、どの程度経済が成長したかが把握しにくいのです。

従って、一国の経済の成長を測る際は、一般的には実質GDPを重視するのです。


今回の例の場合、実質GDPは(1,000円→1,000円)で変化ないから成長率は0.0%って事になるよ。

 


成長してると見せかけて成長してないパターンのやつだな。

成長してる風に見せて成長してないって、誰かさんの事みたいだな。

 



GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

各国発表スケジュール

GDPは国によって発表回数が違うことも特徴のひとつです。

  • 米国、英国、ユーロ圏
    各四半期とも、速報値、改定値(速報値の約1ヶ月後に発表)、確報値(改定値の約1ヶ月後に発表)と3回発表
  • フランス、ドイツ
    各四半期とも、速報値、確報値(速報値の約2週間~4週間後に発表)と2回発表
  • 日本
    一次速報、二次速報(一次速報の約1ヶ月後に発表)と2回発表
  • その他の多くの国
    各四半期とも1回のみの発表

米国GDP発表スケジュール

米国も四半期の終了後に随時発表されますが、速報値、翌月に改定値、翌々月に確報値、といった3段階の順番で発表されます

基本的に速報値は【1月、4月、7月、10月】の下旬に発表されます。

発表時刻
〈夏時間〉 日本時間 21:30
〈冬時間〉 日本時間 22:30


最も相場にインパクトを与えると言われているのが速報値なんだ!

じゃあ、基軸通貨米ドルに関係ある米国のGDP速報値は要チェックだね。


DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

GDPの発表で相場は動くのか?

GDPは国の景気が良いのか悪いのかを表す指標なので、数値(成長率)が良かった場合、その国の通貨は買われやすい傾向にあります。

ですが、GDPが発表されたからといって、必ずしも為替相場が大きく変動するとは限りません。

その理由としては、既に数値が予想されているからですが、レートが予想を織り込み済な事は、他の指標でもよくある事です。

GDPにしかない特徴としては、

  • 国により、数値が何度も発表される。
  • まず速報値が発表され、翌月に改定値、翌々月に確報値が発表される国の場合、速報値が最も注目度が高く、市場の反応も大きくなりやすい。
  • ただ速報値は、推計値を多く用いた暫定数値のため、その後の改定値と確定値で大きく修正されることも珍しくなく、その修正度合いが大きいほど市場の反応も大きくなりがち。

この様にGDPにしか無い特徴も踏まえてトレードの戦略を立ててみましょう!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ
みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ
YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。