チャートの基本とチャートの種類!


今回は、チャートの基本的な見方とチャートの種類について話していくお

以前チャートについて概要記事にしたので、まだご覧になっていない方はぜひ読んでみてくださいね!

“チャート”とは?とても大事なチャートについて!さて、以前は相場の分析について記事にしました。その上で、一番重要なのがチャートを見ること。 チャートは、為替だけでなく株や商品先物取引でも親しまれています。今回は為替にフォ…
続きを読む
 jinfxblog.com
“チャート”とは?とても大事なチャートについて!
DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

チャートの基本について

チャートは過去の値動きの集合体です。
それを形作る1つ1つのデータのことを“足(あし)”といいます。

足は、様々な時間単位で表すことができ、これを“時間足(じかんあし)”といいます。

実際に各証券会社やFX業者で扱われている時間足について以下にまとめてみました!

日足(ひあし)

キホンのキ!日足(ひあし)です。よく、「にっそく」と読み間違える人がいますが「ひあし」と読みます。
その日の取引開始から終わりまでの1日分の値動きを表します。

チャート分析は、この日足チャートが元になって発展してきました。
ですので、日足チャートがチャートの基本の形といっても過言ではありません。

1時間足

1時間足は、日足に次いでよく見られている時間足です。
1時間分の値動きを表します。

主にデイトレーダーにおすすめの時間足です。

1分足、5分足

1分足や5分足は、スキャルピングスタイルの人々に好まれている超短時間足です。
1分足の場合は、1分の値動き、5分足の場合は、5分の値動きを表しています。

週足、月足

週足や月足は、スイングトレードや長期保有スタイルの人々に好まれている長期足です。
週足は1週間分の値動き、月足は1ヶ月分の値動きを表しています。

他にも、15分足や30分足、4時間足などありますが、すべて文字の通りそれぞれの時間分の値動きを表しています。
手法や自分自身がポジションを保有できる時間によって見る時間足が違ってきます。

時間足の元になる大事なデータ“4本値”について

足を形作るデータと言っても、日足なら1日の中で成立した価格は無数に存在します。
しかし、すべての価格をデータとして扱うのは不可能に近く、もしできたとしても、余計なノイズが入ってしまって検証に不具合が生じかねないというのがチャート分析の基本的な考え方の中にあります。

一般的には無数の価格の中からその期間の値動きを代表する価格として基本となる4つの価格があり、
これを“4本値”といいます。
足は4本値を元にして作成されます。
チャートの根幹を成す最も重要なデータで、チャート分析における分析の対象になります。

では、以下に4本値の解説をしていきます。

始値(はじめね)

その時間の中で1番最初についた価格を始値(はじめね)といいます。
始値がついた後、価格が上回るのか下回るのかによって買い方が強いのか売り方が強いのか判断する基準になります。

高値(たかね)

その時間の中で一番高い価格を高値(たかね)といいます。
買い方が売り方をもっとも上回ったポイントです。
過去のチャートで突出してつけた高値は相場の重要な節目として意識されます。

安値(やすね)

その時間の中で一番安い価格を安値(やすね)といいます。
売り方が買い方をもっとも下回ったポイントです。
過去のチャートで突出してつけた安値は相場の重要な節目として意識されます。

終値(おわりね)

その時間で一番最後についた価格を終値(おわりね)といいます。
終値は、その時間の損益を算出する基準の価格にもなるためチャート分析においては重要な値です。


テクニカル分析で使用されるインジケーターは、4本値の終値を元にして作られていることが多いお!


GMO外貨の口座開設はこちらからどうぞ

チャートの種類について

4本値については、みなさん理解できたかと思いますので
次はチャートの種類についてご紹介したいと思います!

主に使用されるのは3つのチャート!

各証券会社やFX業者で取り扱いがあるチャートは、主に3つあります。

ラインチャート

図1:米ドル/日本円ラインチャート(トレイダーズ証券 みんなのFX)

ラインチャートは、終値だけを繋げているシンプルな線のみのチャートです。

バーチャート

図2:米ドル/日本円バーチャート(GMO外貨の外貨ex)

バーチャートは、高値・安値と終値を表しているチャートです。

ローソク足チャート

図3:米ドル/日本円ローソク足チャート(DMM.com証券 DMM FX)

ローソク足チャートは、高値・安値と始値・終値の4本値をすべて表示している日本発祥のチャートです。

ラインチャートやバーチャートはあまり聞き慣れなかったり見たことが無い人が多いかもしれませんが、
最後にご紹介したローソク足チャートは、きっといろんな人が目にしたことがあると思います。

先ほども説明していますが、ローソク足チャートは日本発祥のチャートです。
江戸時代に発案されたと言われており、近年ではプロやアマチュア問わず、世界中の投資家やトレーダーの間で愛されています。

ですので、皆さんにもぜひローソク足チャートは使用していただきたいチャートです!

時間足や4本値、ローソク足チャートを理解してトレードのスキルを磨こう!


今回は、チャートの基本について説明しました。
これらの特徴を理解して、次回からローソク足の見方やテクニカル分析を会得していきましょう!

 

ところでやる夫は、ローソク足について理解しているのか?

 

当たり前だろ!理解していたらこんなに含み損抱える訳ないじゃないか!

次回以降は、ローソク足の見方とプライスアクションについて説明しようか・・・


おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「GMO外貨」

GMO外貨の口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「FOREX.com」

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。