今年最大の勝負時が来た!豪ドル勝負で天国か地獄か!?

8月爆益を目指してる系FX YouTuber JINです。

以前も言ったんですけども、

  • 8月はバケーションシーズンということで非常に円高になりやすい
  • 特に米国債の大規模な償還があるから為替が円高に偏りやすい

なのでそこを狙って米ドル/円の売りや豪ドル/円の売りで爆益を目指すと言っていたんですけども、これについて「今年8月は円高米ドル安にならないんじゃないか説」ってのが出てきたので今回はそれをご紹介して、さらにその対策をお話ししたいと思います。

8月円高は短命か

まずブルームバーグに上がった記事で、「8月の円高は短命か、3倍返しの円売りが待ち構える」っていうニュースが出ていました。

8月円高は短命か、「3倍返し」の円売りが待ち構えると三菱モルガン

外国為替市場で円高が進みやすい8月となったが、ドル・円相場の1ドル=105円割れは定着しないと三菱UFJモルガン・スタンレー証券はみている。新型コロナウイルスの感染拡大による日本の貿易収支悪化などで潜在的な円売り需要は大きいという。

Bloomberg https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-04/QE5DAOT0G1KZ01

かいつまんでいうと新型コロナウイルスのせいで色々ぶっ壊れたので例年通りいかず、今は米ドル需要が円の3倍ぐらいあるから円高ドル安にはならないんじゃないか説

これが一本目です。

過去のアメリカ大統領選挙から見る米ドル/円

で、もう一本はたばてぃん(田畑昇人)さんがツイートしてたんですけど、こちら紹介しますと「8月円高論が多い中、過去15年間分調べてみたらアメリカの大統領選挙がある年、過去でいうと2016年、2012年、2008年は全て円安になっている」と。

こうなってしまうと今年大統領選挙がありますので円高を予想してるこの僕の予想が外れて爆損こきまろになってしまうかもしれません。

そんなリプライなんかもらってしまったので、実際どうなんだよっていうのを色々見てみた結果、とあることがわかりました。

2016年

まず米ドル/円なんですけども2016年大統領選、ヒラリーVSトランプの大統領選を振り返ってみると8月は確かに微妙に米ドル/円上がってるんですが、その後の翌月9月に下がってるんですよ。

2012年

さらに2012年も大統領選で8月に米ドル高円安になって上がっているんですけども、9月また下がってるんですよ。

2008年

さらに2008年も同様に8月少し上がっているんですが、その後の9月でまた下がってるんですよ。

おわかりいただけましたでしょうか?

つまり、確かに大統領選のある年の8月は米ドル高円安になっているんですが、9月に米ドル安円高に傾くことが多いんですよ。

ということは確かに今僕は米ドル/円の売りを103円ショートで持ってて、損切りすべきなのかもうちょっと持つべきなのかっていう窮地に立たされているんですが、これは損切りしないでいこうと思います。

8月に円高が来なかったとしても9月で円高が来る可能性が高いのでここは握ります。

ただし米ドル/円の売り増しはしないでいこうと思います。

バケーションシーズンの勝負の仕方

で、8月お前バケーションシーズンにどうやって勝負するんだよ?って話なんですけど、これは豪ドルでいきます。

かつ米ドルが強いのであれば豪ドル/米ドルでいきたいと思います。

豪ドル/米ドル勝負!

確かに豪ドル/米ドルはこのところ3月のクラッシュで反転し4カ月連続上昇という形で異常な強さを見せつけてくれたんですが、流石に…流石に息切れだろうと。

今は8月に入ったところで早くも陰線を若干つけてるわけですよ。

豪ドル/米ドルの月足チャート

公開後に逆転してる可能性もあるんですけども、過去検証上ここ10年で10回中9回下がっているので流石に僕は8月の豪ドルは豪ドル安になるのではないかと予想してるわけです。

まぁここが最大の売り場なのではないかなと思いここで豪ドル/米ドルの売りで勝負を考えています。

というわけで実際に売りポジションを指値で入れているんですが、もしそれ以上に豪ドル上がってきた場合には最大の売りチャンスだと僕は思ってますので、ここに来てあれを使いたいと思います。

IG証券のノックアウト・オプション!

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

なぜここでノックアウト・オプションなのか?その理由を説明しますと、ちょっと僕が持っているFXのポジションが多すぎるんですよ。

現状でポジションを600枚以上持っていて色んなポジション手を出しすぎちゃってて、それに対して必要証拠金がかなり多く必要なもので、ここで新たな通貨の豪ドル/米ドルの売りポジションを入れるとなると証拠金がさらに結構必要になってしまうんですよ。

普通にいつも使ってるFXで指値を指して豪ドル/米ドルの売りも入れるんですけども、あまりにもパンパンにしちゃうと相場が急変動した時に強制ロスカットされて全部ぶっ飛んじゃうのでそれだけは避けないといけない…

ということから、あんまりいつも使ってる通常のFXとは別に、ここはノックアウト・オプションで勝負を仕掛けていこうかなと思います。

今月は豪ドル/米ドル、もう流石に調整の下げが入ると見てますので、上がったところでノックアウト・オプションを設定して叩き落としていく作戦でいこうかなと思います。

それで、豪ドル/米ドルを色々調べた結果、過去20年間の統計上一番下げやすい週というのが実は8月2週目、つまり来週です。

来週が勝負の時!

ノックアウト・オプションを利用した最大の逆襲に出ようと思います。

ここで万が一例年のアノマリー、10回中9回下がるアノマリーが効かずにボゴーンって上昇してっちゃったらかなりヤバいです。

少なく見積もっても500万円から1000万円ぐらいやられちゃうかもしれないんですけど、ただ逆に言うとここで勝負しなかったらいつ勝負にいくんだよ!?と思うわけですよ。

だってそうじゃないですか、過去10年間で10回中9回下がってる10発うったら9発当たるものを今勝負しなかったらいつ勝負するんだよって話になるわけ。

例え今年物凄い損害を受けたとしても、損切りさえすれば来年また戦うことできるんです。

いつも損切りをしないから酷い事になってるんですけど、今回はもうこの8月豪ドル売りにターゲットを絞ってますからここで勝負します。

勝負して10回中9回を外してしまうんだったらそれはもうしょうがない…

100%勝てる投資ってのはありません。

投資というのは確率のいいものに賭ける

大切なのはそれなんですよ。

今はもう8月は一年に一回しかない勝負時ですからね。

特に2週目の豪ドル売りガチ勝負いってみたいと思います。

ただ僕に乗って豪ドルが爆上げしちゃって爆損こいても僕のせいにしないでください。

投資は自己責任ですよ?

というかもしそうなったら僕の方が大損害食らってると思うのでね…

僕は責任を一切持たないですけど、とにかく僕は勝負します。

ずっと待ってたこの日を…この日をずっと待って売りを損切りしませんでした。

一世一代のファイナルアタックします!

豪ドル売りファイナルアタック!

というわけでいよいよクライマックスが近づいてきました。

果たして勝てるかどうかわからないですけど割のいい勝負をしてることは間違いないのかと思います。

米ドル/円は警戒が必要

で、米ドル/円におきましては大統領選挙の関連もあり、実需の関連もあり米ドル高が意識されているのでちょっとそこは警戒した方がいいと思います。

ただ大統領選挙アノマリーでは9月に米ドル/円が下がりますのでまだ売りは処分しません。

  • 105円から下にいったら基本的に買い
  • 売り増しは一切しない

という戦略でいこうと思います。

注目してる株を紹介

せっかくノックアウト・オプションの紹介をしたので、ついでにIG証券さんのCFDを紹介しようかと思います。

以前にも軽く紹介したんですけど、IG証券さんってCFD…レバレッジ10倍で株・個別株がトレードできて、しかもその種類が結構豊富なんですよ。

で、今僕が注目してる株をせっかくなので紹介して終わりたいと思います。

以前も軽く言ったかもしれないんですが、僕が注力してるのは今はアメリカのワクチン株です。

新型コロナウイルスショックで世界は大混乱…

未だに感染者が増え続けており、特にアメリカは世界最大の感染者数を出してしまい最悪の窮地に立たされています。

トランプ大統領も続投が危うくなっており大ピンチです。

これはアメリカ的に見たら面目丸つぶれ、メンツが立たんという状態になっていて、時代は米中間のワクチン戦争になっています。

ワクチンというものは基本的に今日・明日で出来て、はい新型コロナウイルス解決です…っていう風にはなりません。

ニュースでも言ってる人がいるんで分かるとは思うんですけど、最低でもワクチン開発にはどんなに早くても1年はかかり、ワクチンができたとしてもそれを配布するのにもう1年かかる。

どんなに頑張ってどんなに早くしても、合計で2年以上かかるんですよ。

早くて2年ぐらいと言われているのでもっと実際は長いかもしれないんです…

この新型コロナウイルスとの戦いは長期化する恐れがあります。

なのでワクチン株は今もガンガンに上がっちゃってて買いづらいんですけど、僕はまだまだ上がると思っています。

というわけでIG証券のCFDでも買える、僕が狙っているワクチン株を紹介して終わりたいと思います。

ちなみにこれも必ず上がるわけじゃないですからね。

僕が気にしてるっていう情報だけを紹介するのでワクチン株買ったけど爆損したやんけ!って言われても僕は知らないですからね。

責任は持ちませんよ、投資は自己責任でね。

モデルナ(MRNA)

アメリカのワクチン株です。

名前ニュースでも出ていたので知ってる人も多いと思います。

モデルナはガンガンに上がってるんですけど、下がったら買おうと思ってます。

モデルナ(MRNA)の株価

バイオンテック(BNTX)

こちらもいい感じに上がってるんですよ。

下がったところ8月あたりで下がってきたら押し目買いしたいなと思ってます。

バイオンテック(BNTX)

メルク(MRK)

これもいい感じになっていて、全部チャートがいいんですよ。

中々押し目で入れないんで基本的には右肩上がりのいいチャートをしています。

日足チャートでどれもこれもとりあえず買っとけばどっかで助かるじゃんっていうぐらい、いい形で上がっています。

メルク(MRK)

エマージェント(EBS)

爆上げしちゃってて今ここかよっていう、とんでもない位置になっています。

エマージェンと(EBS)

以上がIG証券のCFDでも買える、僕が注目してるワクチン株の紹介でした。

何度も言いますけども投資助言じゃないですからね。

僕が気にしてるってのを紹介してるだけなんでそこは勘違いないようにお願いします。

というわけで8月大勝負に出ようとしてるJINからの報告でした。

※記事中のチャートツールはtradingview.comを活用しています

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券CFDの口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「FOREX.com

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。