相場の転換点!6月アノマリーは2021年も来るのか?

今年ももう半分を迎えようとしています。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

緊急事態宣言中に迎えた新年、解除されたと思ったらまた発令した3月。
楽しみにしていたゴールデンウィークも緊急事態宣言で思うように出かけられず。
不安を拭えない日々が続いていますね。為替もうまくいかないし。

 

さて、今回はもうすぐ6月に入るということで、6月アノマリーについての説明をしながら、
今年の6月はアノマリー通りになるのか?というお話をしていきたいと思います!
あくまで読み物としてお楽しみください!


アノマリーについて簡単にまとめた記事もあるので、こちらもぜひ参考にしながら読み進めてみてくださいね!

まずは6月アノマリーについておさらいから!

まずは、6月アノマリーについてまずはおさらいしていきましょう!

6月は、5月同様に相場の転換点とも言われる月です。

そもそも6月は、第二四半期の節目でもあるため、決算であったり、配当金が支払われる月であったりします。
そして、年末や3月ほどのインパクトは無いと思いますが、レパトリエーションの影響も多少は受けやすいと言われています。

レパトリエーションとは
レパトリエーション(Repatriation)とは、もとは“本国へ帰還する”という意味の単語で、金融業界では“海外にある資金を自国内に戻す”という行為を指します。略して“レパトリ”とも呼ばれます。

日本では機関投資家が決算に備え、毎年2~3月初旬にかけてこれを頻繁に行う傾向があり、海外で運用している外貨建て資産を売って円に交換する動きが起こるので、円買いドル売り注文が膨らむことで円高要因になります。

また、アメリカの10年国債利回りが天井や底を打ちやすい傾向がある月でもあります。


1年の節目は市場心理的になにかと流れが変わりやすいよ!
切り替わりの時期なので、アノマリー的には目線を切り替えるのも手だね!

6月は主要国の金融政策発表イベントが盛りだくさん!

また6月という月は、アメリカやEU、日本などの主要国で金融政策発表が行われます。

金融政策発表イベントで影響が大きそうな国は以下の通りです。

  • アメリカ:FOMC
  • EU:ECB理事会
  • 日本:日銀金融政策決定会合
  • イギリス:BOE金利発表

上記以外にも、オーストラリアやカナダ、スイスなどで政策金利の発表があります。

詳しくは先日公開した記事を読んでくださいね。

このように大きなイベントが重なる月でもありますので、6月は相場の転換点と言われている理由でもあるでしょう。

また、2021年6月の金融政策発表イベントではテーパリングがホットワードになると思いますので、相場が転換する大きな根拠になる一大イベントとなるのではないでしょうか!


ニュースを見るならトレイダーズ証券 みんなのFXがおすすめ!

みんなのFXなら、ニュースや経済指標をいち早く知れる“みんなのマーケット”が使えます!
ニュースや経済指標の他にも、主要国の通貨強弱やヒートマップがリアルタイムで更新されるので、
自分のトレードに合った最適な通貨ペアを一目瞭然で見つけることができます!

あなたもみんなのFXでトレードしてみませんか?
口座開設は以下のバナーから申し込みができます!

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

6月は水星逆行が起こる月!

6月は、水星逆行が起こる月でもあります。

水星逆行については、以下の通りです。

水星逆行とは
水星逆行とは、地球と水星の天体位置関係で地球からみたときの水星が、いつもと反対方向に動いて見える現象です。

この期間は年に3回(1回あたり3週間程)あります。占星術の世界では、この期間をネガティブな期間と捉えており、人間関係悪化やトラブルが起こりやすく、情報通信機器類の故障が発生しやすいと言われています。

水星逆行は、相場で見ると不安定な値動きをしやすいと言われていて、トレンドが発生しない大きなレンジとなることが多いようです。

ちなみに、2021年6月の水星逆行の期間は以下の通りです。

【水星逆行期間(6月)】
2021年5月30日~6月23日

まとめ!果たして2021年6月のアノマリーは来るのか!?

2021年6月は、金融政策発表イベントの重要度が非常に高いと見えるので、相場が転換すると言われているアノマリーは起こるのではないかなと思います。

FRB議長であるパウ爺の発言や、各主要国のテーパリング、ワクチン接種状況や経済回復傾向によっては大幅に値動きが出るような気がします。

株式市場の話にはなりますが、日本のメジャーSQが6月11日に控えていますのでこちらの値動きにも注意したいですね。

というわけでまとめますと、6月は

  • 第二四半期の節目なのでレパトリエーションに注意!
  • アメリカの10年国債利回りが天井や底を打ちやすい傾向
  • 1年の節目は市場心理的になにかと流れが変わりやすいアノマリー!
  • 金融政策発表イベントが盛りだくさん!
  • 水星逆行が起こる月!
  • 株式市場の日本のメジャーSQが6月11日!

です!盛りだくさんですね!当ブログでもなるべく注目されるイベントは取り上げていこうと思います!


6月はなにかとイベント盛りだくさんで忙しいな・・・

 

値動きが無いよりかはいいんじゃないの?
エントリータイミングも増えるんだし。

 

みんなもぜひアノマリーについて興味があればいろいろ調べてみてね!

トレードのヒントが隠されているかもしないぞ!
検証も忘れずにな!

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「YJFX!」

YJFX!の口座開設はこちらからどうぞ

短期トレード向きの「DMM FX」

DMM FXの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「IG証券

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ
IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ
マネースクエアでの口座開設はこちらからどうぞ

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ
SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。