【ややこしい】暗号資産(仮想通貨)の販売所と取引所~特徴とメリットデメリット

前にさ、暗号資産の販売所と取引所の説明をしたと思うんだけどさ、
あれ、なんか未だにピンとこないんだよね。

 

さわりしか説明してないからな。
じゃあ今回は、販売所と取引所の特徴や違い、
メリットとデメリットについて詳しく説明していこうと思う。

 

流行りに乗りたいし事故りたくないから詳しく頼むよ!!


今回の記事では、販売所と取引所の特徴と違い、それぞれのメリットとデメリットについて詳しくお話していきます。暗号資産の概要的な部分については、以前記事にしていますのでこちらを参照してくださいね!

暗号資産の販売所の特徴

図1 販売所の取引の特徴

暗号資産の販売所は、暗号資産を取り扱っている運営会社が暗号資産を販売しているところです。

そのため、取引相手は販売所になります。

販売所が提示している暗号資産の価格に対して、トレーダーは購入したい数量の金額を支払って暗号資産を購入します。

暗号資産の販売所を分かりやすく言うと暗号資産を取り扱っている“お店”ということになります。

また、購入した暗号資産は売却することが可能なので、購入した暗号資産を売却して法定通貨を得ることもできます。

注文方法は、成行注文で行います。

暗号資産の販売所のメリット

販売所のメリットは、以下の通りです。

  • 注文が確実に通る
  • 気軽に取引できる

注文が確実に通る

販売所は、販売所が提示している価格で販売しているので注文が通らないということが起きません。

トレーダーが取引数量を決めて注文をすれば注文は即時に成立し、スムーズな売買が可能です。

取引所の場合、値動きが激しかったり、市場参加者が少なかったりすると注文自体が通りにくいことがあります。

しかし、販売所ではそういったことは起こりません。

気軽に取引できる

販売所の注文方法は成行注文のみなので、取引したい数量を決めて注文するだけなので気軽に取引が行えます。

取引所のように指値注文を駆使した複雑な注文は一切ないので、とりあえず暗号資産を取引してみたい初心者におすすめです。

暗号資産の販売所のデメリット

暗号資産の販売所のデメリットは、以下の通りです。

  • 手数料(スプレッド)が高い

手数料(スプレッド)が高い

販売所では、暗号資産を購入する場合は実際の相場よりも高い値段が設定されており、暗号資産を売却する場合は実際の相場よりも安い値段が設定されています。

トレーダーが設けにくいように値段設定されているのでデメリットと言えます。

スプレッドとは?
スプレッドとは、売値と買値の差のことを指します。

スプレッドという英語の本来の意味は、“広がり”“延ばす”といった意味があります。 また、金融におけるスプレッドは“サヤ”とも言います。


トレードするならIG証券!

実は、あのIG証券も暗号資産(仮想通貨)取引業協会に参入するんです!
この先、IG証券が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う日が近いと思うので、この機会を見逃すな!

暗号資産(仮想通貨)以外にも、FXや株価指数、コモディティや個別株も扱ってます!
ぜひこの機会にIG証券でトレードしてみませんか?口座開設は以下のバナーからどうぞ!

IG証券の口座開設はこちらからどうぞ

暗号資産の取引所の特徴

図2 取引所の特徴

暗号資産の取引所は、取引所を通じてトレーダー同士が暗号資産の取引を行うところです。

そのため、取引相手は不特定多数のトレーダーになります。
取引したい数量を決めてトレーダー同士で売買をします。

暗号資産の取引所を分かりやすく言うと、不特定多数のトレーダー同士が取引を行うための“市場”ということになります。

注文方法は、成行注文や指値注文(OCO注文やIFD注文など)で行います。

暗号資産の取引所のメリット

取引所のメリットは、以下の通りです。

  • 手数料(スプレッド)が安い
  • レバレッジ取引ができる

手数料(スプレッド)

取引所は、トレーダーが購入したい通貨の取引数量を決めてすり合わせて、他に同じ取引数量で自分と反対の注文をした人がいれば取引が成立します。

あくまでも、不特定多数のトレーダーとマッチングさせる仲介役でしかないので、手数料(スプレッド)で購入価格が跳ね上がることはありません。

レバレッジ取引ができる

取引所では、レバレッジ取引が可能です。

レバレッジ取引は、投資資金が少なくても大きな利益を得られるチャンスがあります。しかし、レバレッジを上げすぎると投資資金以上の損失が出る可能性もあるので注意してください。

暗号資産の取引所のデメリット

取引所のデメリットは、以下の通りです。

  • 注文が成立しないときがある

注文が成立しないときがある

取引所では、トレーダー同士での取引になります。なので、市場参加者が少ない暗号資産や取引所では、そもそも注文の数が少ないので取引が成立しない場合があります。

相場が下落局面で今すぐにでも売りたいのに、取引が成立せず損失が膨らむということもありますので注意が必要です。

販売所と取引所の違いを覚えて暗号資産デビューしてみよう!

暗号資産は今最も注目されている金融商品の1つですよね。

しかし、暗号資産に手を出してみたいけど他の金融商品の取引との違いや暗号資産の販売所と取引所はどう違うのか、それぞれのメリットやデメリットはなんなのかと分からないことだらけだと思います。

歴戦の投資家だけど暗号資産については初心者という方もいらっしゃると思いますので、ぜひここで勉強してトレードの幅を広げてみてくださいね!


へぇ・・・販売所と取引所はこんな違いがあったのね。

 

暗号資産を始めようと思って最初にぶつかるのが
販売所と取引所ってなんぞってとこだよね。

 

これで暗号資産トレードをとりあえず始めてみるわ!

事故るんじゃねえぞ。今めちゃくちゃ暗号資産上がってるからな。

おすすめFX会社

初心者からここまで成長したFX YouTuber JINがおすすめする業者は以下の通り

中長期トレーダー向きな高スワップ金利の「みんなのFX

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

国内FX取引高1位のFX業者「GMOクリック証券FXネオ」

GMOクリック証券FXネオの口座開設はこちらからどうぞ

外貨注文情報がありがたい「外為どっとコム」

外為どっとコムの口座開設はこちらからどうぞ

初心者も使いやすい「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOの口座開設はこちらからどうぞ

CFD取引なら「GMOクリック証券」

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ
GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

画期的なシステム「ノックアウト・オプション」が使える「FOREX.com」

自動売買のトラリピが魅力的な「マネースクエア

JINも使っている個別株の取引にオススメな「SBI証券

SBI証券での口座開設はこちらからどうぞ

Twitterもよろしく!

動画・ブログの通知やJINの投資に関して呟いてます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。